三島市:三嶋大社

過日,三嶋大社(静岡県三島市大宮町)を参拝した。主祭神は,三嶋大明神(大山祇命・積羽八重事代主神)。阿波神・伊古奈比咩命・楊原神を配祀しているほか,多数の境内社がある。三嶋大社は,式内社(伊豆國賀茂郡 伊豆三嶋神社 名神大 月次新嘗)に比定されており,伊豆国一宮,伊豆国総社となっている。拝殿の正面に舞殿が配置されている。諏訪神社と同じ様…
コメント:0

続きを読むread more

三島市谷田:天神社

過日,劔刀石床別命神社を参拝した後,同社のすぐ北東側にある天神社(静岡県三島市谷田)を参拝した。元は天神山と呼ばれる鬱蒼たる境内地をもつ場所だったらしいのだが,現在では簡素な社地が残されるだけとなっている。 天神社 説明板
コメント:0

続きを読むread more

三島市谷田:劔刀石床別命神社

過日,劔刀石床別命神社(静岡県三島市谷田)を参拝した。祭神は,劔刀石床別命・日本武尊。式内社・伊豆國田方郡劔刀石床別命神社と比定されている。非常に古い神社であることは言うまでもないことであり,歴史的に極めて重要な神社であることが明らかだ。この神社を創建したた人々と向山古墳群の被葬者との間には重要な関係があるとの見解もある。劔刀石床別命神…
コメント:0

続きを読むread more

沼津市東沢田長塚:長塚古墳

過日,長塚古墳(静岡県沼津市東沢田長塚)を見学した。長塚古墳は,墳丘長約54m・後円部直径約31m・前方部長約24mの前方後円墳とされている。下記の沼津市のサイトによると,沼津市内に残る前方後円墳の中では最も良好な状態で保存されている古墳とのこと。実物を観察してみて,確かにそのとおりだと思った。下記の人文パイプぶろぐの記事によれば,長塚…
コメント:0

続きを読むread more

沼津市東熊堂:高尾山古墳

過日,高尾山古墳(静岡県沼津市東熊堂)を見学した。高尾山古墳は,非常に古い時代に造営された前方後方墳(全長約62m・前方部長約31m・後方部長約31m)とされている。道路工事のため破壊されることになっていたが,学術上も文化上も極めて重要な古墳であるため,破壊しないで保存する方法を検討すべきだとの声が多く,再検討の結果,計画が変更されるこ…
コメント:0

続きを読むread more

沼津市東熊堂:熊野神社

過日,熊野神社(静岡県沼津市東熊堂)を参拝した。その境内には高尾山穗見神社がある。祭神・由緒等の詳細は不詳。熊野神社では,毎年,例祭が挙行され,大変賑わうのだそうだが,ここ数年は新型コロナの関係で開催中止となっているようだ。熊野神社と高尾山穗見神社は,元は,隣地にある高尾山古墳(沼津市東熊堂)の前方部に鎮座していたが,道路工事をめぐる紆…
コメント:0

続きを読むread more

三島市谷田:井之森稲荷神社と古墳

過日,井之森稲荷神社(静岡県三島市谷田)を参拝した。祭神は,倉稲魂命。神社の基壇部は,井之森神社古墳と呼ばれる古墳。この古墳は,直径約20m・高さ2.5mの円墳とされているが,元はもっと高さのある古墳だったのだろうと思う。神社境内地の一部に石室材と思われる比較的大きな石材が露出している。 鳥居(鳥居の奥は蔽殿側面) 石段 …
コメント:0

続きを読むread more

牛久市城中:山王塚古墳再訪

山王塚古墳(茨城県牛久市城中)付近で大規模に行われていた道路設置工事が2022年3月で完了し,自動車が通行できるようになった。工事中には地元のことをよく知っている人でない限り山王塚古墳(茨城県牛久市城中)にアクセスすることが非常に困難になっていたのだが,道路工事と共に新設された脇道(アスファルト舗装)を通って古墳所在地入口まで行けるよう…
コメント:0

続きを読むread more

三島市:向山古墳群(その3)

過日,向山古墳群(静岡県三島市北沢)を見学した。下記の三島市のサイトの記述によれば,「向山古墳群は向山小学校北東側の尾根上に直線的に分布する、円墳14基、前方後円墳2基の、合計16基からなる小規模な古墳群」とされている。1号墳2号墳は既に消滅したとされている。3号墳~15号墳の所在地は細長い山の尾根にあり,向山古墳群公園として非常に丁寧…
コメント:0

続きを読むread more

三島市:向山古墳群(その2)

過日,向山古墳群(静岡県三島市北沢)を見学した。下記の三島市のサイトの記述によれば,「向山古墳群は向山小学校北東側の尾根上に直線的に分布する、円墳14基、前方後円墳2基の、合計16基からなる小規模な古墳群」とされている。1号墳2号墳は既に消滅したとされている。3号墳~15号墳の所在地は細長い山の尾根にあり,向山古墳群公園として非常に丁寧…
コメント:0

続きを読むread more

三島市:向山古墳群(その1)

過日,向山古墳群(静岡県三島市北沢)を見学した。下記の三島市のサイトの記述によれば,「向山古墳群は向山小学校北東側の尾根上に直線的に分布する、円墳14基、前方後円墳2基の、合計16基からなる小規模な古墳群」とされている。1号墳2号墳は既に消滅したとされている。3号墳~15号墳の所在地は細長い山の尾根にあり,向山古墳群公園として非常に丁寧…
コメント:0

続きを読むread more

つくば植物園:絶滅危惧生物展(その4)

つくば植物園の絶滅危惧生物展の会場となっている建物以外の建物(温室)内でも様々な絶滅危惧種植物が保存栽培されており,個性的な花を咲かせていた。つくば植物園では,産業的に価値のある園芸植物等も育成栽培されている。絶滅危惧種に関しては,名札にその旨の記載があるので,どのレベルの絶滅危惧種なのかを知ることもできる。 温室を廻って多種多様な植…
コメント:0

続きを読むread more

つくば植物園:絶滅危惧生物展(その3)

つくば植物園の絶滅危惧生物展の会場となっている建物内には(Orchidaceae)の希少な植物のフラスコ内育成保続の研究施設があり,ガラス窓越しにその様子を見ることができる。絶滅危惧生物展示の会場となっている建物以外の建物(温室)内でも様々な絶滅危惧種植物が保存栽培されており,個性的な花を咲かせていた。同一の種であっても条件が揃わないと…
コメント:0

続きを読むread more

つくば植物園:絶滅危惧生物展(その2)

カンアオイの仲間の遺伝子解析が完了し,新たな系統樹が作成された。絶滅危惧生物展の会場では,新たな系統樹のパネル展示があり,また,数々の珍しいカンアオイの仲間の実物の展示もあった。どの種類のカンアオイの仲間の花を見てもとても面白い。 会場入口付近 パネル展示と花の標本 カンアオイの仲間の実物の展示 ホシザキカンアオイ …
コメント:0

続きを読むread more

つくば植物園:絶滅危惧生物展(その1)

2022年4月23日から5月8日の期間,つくば植物園で「絶滅危惧生物展」が開催されているというので,出かけてみた。植物園なので,基本的には生きた植物標本の展示が主体で,動物に関しては標本や資料の展示となっていた。非常に珍しい植物の展示や説明があり,とても勉強になった。 セッピコテンナンショウ イナヒロハテンナンショウ …
コメント:0

続きを読むread more