ヨコヅナサシガメ

2024年5月18日のことだが,根本山(栃木県真岡市根本~西田井)を訪問した。 ある落葉樹に昆虫が集まっているようなので丁寧に観察してみたところ,ヨコヅナサシガメ(Agriosphodrus dohrni)も来ていた。そこで,その写真を撮った。 ヨコヅナサシガメは,肉食昆虫なので,樹液目当てに集まってくる他の昆虫を狙って待ち構えてい…
コメント:0

続きを読むread more

ベニカミキリ

2024年5月18日のことだが,根本山(栃木県真岡市根本~西田井)を訪問した。 舗装道路の端を歩いて移動中,赤色の小さなカミキリムシを見た。 ベニカミキリ(Purpuricenus temminckii)だと思う。  虫ナビ:ベニカミキリ https://mushinavi.com/navi-insect/…
コメント:0

続きを読むread more

戦場ヶ原の自然観察路で見たノゴマまたはウグイス?

2024年5月21日のことだが,奥日光・戦場ヶ原の自然観察路を訪問した。 木道を歩いていたところ,ノゴマ(Calliope calliope)のオスであると認識可能な喉下に真っ赤な色彩のある野鳥とそのオスの連れのメスではないかと推定される茶色の野鳥が一緒に木の枝を移動しているのを見た。 撮影可能な距離だったためあわててカメラを向けた…
コメント:0

続きを読むread more

産卵中のクロスジギンヤンマ

2024年5月18日のことだが,根本山(栃木県真岡市根本~西田井)を訪問した。 散策中,クロスジギンヤンマ(Anax nigrofasciatus nigrofasciatus)のメスを見た。オスと交尾した後に単独で産卵するという特徴をもつようだ。  神戸のトンボ:クロスジギンヤンマ https:…
コメント:0

続きを読むread more

真岡市下籠谷:無量壽寺

過日,天台宗・常在山極樂院無量壽寺(栃木県真岡市下籠谷)を参拝した。本尊は,来迎三尊仏(阿弥陀如来・観音菩薩・勢至菩薩)。 無量壽寺は,永和元年(1375年)に開山の古い寺院。元は,専修寺と関係の深い浄土真宗の寺院だったが,後に天台宗に改宗した。 金銅一光三尊仏(本尊)と併せ,紙本著色涅槃像及び銅鐘は,栃木県指定の文化財となっている…
コメント:0

続きを読むread more

戦場ヶ原の自然観察路で見たアオジ

昨日(2024年5月21日),奥日光・戦場ヶ原の自然観察路を訪問した。 木道を歩いていたところ,すぐ近くの木の枝で何か黄色い野鳥が囀っているのを見つけた。現地で見た時点ではマヒワ(Spinus spinus)またはノジコ(Emberiza sulphurata)のようにも見えたのだが,喉下や眼の上の羽毛の特徴などから,アオジ(Embe…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県立ぐんま昆虫の森に保存されている古民家(旧柿沼家住居)

2024年5月15日のことだが,群馬県立ぐんま昆虫の森(群馬県桐生市新里町鶴ヶ谷)を訪問し,敷地内に保存されている古民家を見学した。 この古民家は,赤城型民家と呼ばれる様式のもので,2階部分の通風性が良い構造をしており,養蚕に適した建築様式のものだとされている。 桐生市の重要文化財に指定されており,また,群馬県の「ぐんま絹遺産」に指…
コメント:0

続きを読むread more

ツリガネタケ?

昨日(2024年5月21日),奥日光・戦場ヶ原の自然観察路を訪問した。 木道を歩いていたところ,スズメバチの巣のようにもパンケーキを何枚か重ねたもののようにも見える奇妙なものが松の木の幹に付着しているのをみつけた。 たぶん,サルノコシカケの仲間のキノコだろう。確実ではないが,ツリガネタケ(Fomes fomentarius)または同…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市小栗:藤長寺

過日,曹洞宗・大雲山藤長寺(茨城県筑西市小栗)を参拝した。本尊は,釈迦牟尼佛。 その実物は拝見していないが,下記の賓頭盧尊のサイトによれば,藤長寺には賓頭盧尊(おびんずる様)が安置されているようだ。 藤長寺の境内に建立されている當山の由来碑の記載によれば,藤長寺は,永禄元年(1558年)に結城政勝が開基となって創建された寺院とのこと…
コメント:0

続きを読むread more

ヒガラ

本日(2024年5月21日),もう2度と登ることはないだろうと思っていた日光いろは坂を登り,奥日光・戦場ヶ原の自然観察路を訪問した。 木道を歩いていたところ,目の前の樹木の上の方の枝からシジュウカラ(Parus minor)の声と少し似た声が聞こえる。そして,一見するとシジュウカラのように見える小さな野鳥を見つけた。 しかし,シジュ…
コメント:0

続きを読むread more