匝瑳市八日市場:八重垣神社

過日,八重垣神社(千葉県匝瑳市八日市場)を参拝した。祭神は,素戔嗚尊・事代主命・倉稲魂。

八重垣神社は,弘仁2年(812年)に鎮守府将軍・物部朝臣匝瑳連足継が出雲の神を祀ったのが始まりの神社とのこと。

八重垣神社は,平坦地の中にある小島または大きな円墳のような塚状地形または半島状地形の場所をその境内地としている。
現在では陸地の一部となっており住宅等がひしめくような状態となってしまっているので非常にわかりにくいけれども,古墳時代~奈良時代頃には,海の中に孤立する小島だったのだろうと推定される。

朝廷の命によりこの地を屯田・支配した武人の一族が周辺を航行する船舶の見張台を兼ねて小さな砦を構築し,神社を祀ったのではないかと想像した。


IMG_7074.JPG
鳥居


IMG_7075.JPG
手水


IMG_7079.JPG
石段


IMG_7084.JPG
拝殿


IMG_7089.JPG
本殿


IMG_7094.JPG
本殿の彫刻(一部)


IMG_7078.JPG
境内社(市神神社)


IMG_7097.JPG
境内社(三峯神社)


IMG_7099.JPG
境内社


IMG_7087.JPG
境内地の様子


IMG_7073.JPG
裏参道と石段



この記事へのコメント