埼玉県児玉郡美里町下児玉など:塚本山古墳群・第Ⅲ群(その2)

過日,塚本山古墳群を見学した。塚本山古墳群は非常に大規模な古墳群であり,埼玉県児玉郡美里町下児玉~埼玉県本庄市児玉町~埼玉県本庄市栗崎にまたがって所在している。

塚本山古墳群に関するこれまでの調査結果をまとめた論文としては,杉﨑茂樹「埼玉県美里町塚本山古墳群の消長とその背景」早稲田大学大学院文学研究科紀要第65輯515~531頁(2020年)がある。この論文の中には,埼玉県立本庄高等学校考古学部作成の図面(1978年)を基礎とする塚本山古墳群の全体分布図が収録されている。
そこで,このブログ記事では,上記埼玉県立本庄高等学校考古学部作成の図面(1978年)を基礎とする塚本山古墳群の全体分布図で示されている附番に準拠しつつ,早稲田大学が設置した標識と番号のある古墳についてはその番号も併記することで対処することにした。早稲田大学が設置した標識には「早稲田大学校地内第**号墳」と記載されているのだが,長いので,このブログ記事では「早稲田**号墳」と表記することにする。

なお,疑問点が幾つかあったので,先日,塚本山古墳群を更に再訪して確認した。
初回訪問時・再訪時・再々訪時の写真を適宜取り混ぜてブログ記事を書くことにする。

***

さて,塚本山63号墳(早稲田39号墳)の東に隣接して,西から順に,塚本山62号墳(早稲田37号墳)と塚本山58号墳(早稲田33号墳)が並んでいる。
塚本山58号墳(早稲田33号墳)は,比較的高さのある古墳なので,葉が繁っている季節にも北側の小路から墳丘と標識が見える。
塚本山62号墳(早稲田37号墳)に関しても,その北側にある幾つかの古墳が高さのない古墳のため,墳丘を見ることができた。ただし,意識して注視しないと発見できないかもしれない。


IMG_0571.JPG
再訪時に西の方から見た塚本山62号墳(中央奥)と塚本山58号墳(右手前)


IMG_3263.JPG
北の方から見た塚本山62号墳(早稲田37号墳)


IMG_0572.JPG
再訪時に北の方から見た塚本山62号墳(早稲田37号墳)


IMG_3280.JPG
北の方から見た塚本山58号墳(早稲田33号墳)


IMG_0529.JPG
再訪時に北の方から見た塚本山58号墳(早稲田33号墳)


塚本山58号墳(早稲田33号墳)の東側に隣接して塚本山54号墳(早稲田31号墳)がある。


IMG_0972.JPG
再々訪時に北西の方から見た塚本山54号墳(早稲田31号墳)


IMG_0516.JPG
再々訪時に北の方から見た塚本山54号墳(早稲田31号墳)の近景


IMG_0510.JPG
再々訪時に東の方から見た塚本山54号墳(早稲田31号墳)


塚本山59号墳(早稲田35号墳)の東に隣接して塚本山55号墳(早稲田30号墳)がある。

なお,塚本山55号墳(早稲田30号墳)の北東側には,早稲田29号墳の標識が立てられている。しかし,古墳分布図上ではその場所に古墳はない。推測としては,誤認により立てられた標識であり,本来は,塚本山56号墳の所在地に立てられるべきだった標識なのではないかと思う。


IMG_3284.JPG
南西の方から見た塚本山55号墳(早稲田30号墳)


IMG_3286.JPG
南東の方から見た塚本山55号墳(早稲田30号墳)
(右奥に見えるのは早稲田29号墳の標識)


IMG_0535.JPG
再々訪時に南の方から見た塚本山55号墳(早稲田30号墳)


IMG_0971.JPG
再々訪時に見た塚本山55号墳(早稲田30号墳)の近景


塚本山55号墳(早稲田30号墳)の南側を通る小路をはさんだ南側に向かい合うようにして塚本山57号墳(早稲田34号墳)がある。あまり高さのない古墳なのだが,一応現存しているように見える。


IMG_3276.JPG
西の方から見た塚本山57号墳(早稲田34号墳)


IMG_0539.JPG
再々訪時に西の方から見た塚本山57号墳(早稲田34号墳)の所在地付近
(左手端は塚本山55号墳(早稲田30号墳))
(塚本山55号墳の右手に見えるのは塚本山51号墳)


IMG_0969.JPG
再々訪時に東の方から見た塚本山57号墳(早稲田34号墳)の所在地付近



この記事へのコメント