栃木県芳賀郡市貝町市塙:平石山古墳の所在地

過日,平石山古墳(栃木県芳賀郡市貝町市塙)の所在地を見学するために近くまで行ったけれども,平石山古墳には到達できなかった。

市貝町史編さん委員会編『市貝町史 第1巻 自然・原始古代・中世資料編』(平成2年)の409頁,411頁によれば,平石山古墳は,直径17m・高さ1.5mの円墳とされている。

中村寺の墓地区画の背後地(東側)の山の尾根上にある古墳で,単独の古墳とされている。しかし,直観的には,同じ山の尾根上に複数の古墳の遺構があるのではないかと思った。

中村寺の境内地またはその近隣地から山を登る道はなさそうなので,真岡鉄道の線路に沿って北東~東の方に移動し,道がないかどうか見てみた。
その結果,平石山古墳の所在地の現況は山林となっていて,入れそうにないことがわかったので,見学を断念した。

なお,『市貝町史 第1巻 自然・原始古代・中世資料編』の412頁の写真を見ても,平石山古墳の所在地は藪の中のような場所となっている。

ところで,平石山古墳所在地のする北側に位置する(同じ山の)尾根裾付近には塚状のものがある。
古墳のように見えないこともないが,たぶん,古墳ではなく,単なる土塊なのではないかと思う。


IMG_9474.JPG
中村寺の境内地付近から見た平石山古墳所在地付近
(写真中央の森の中)


IMG_9482.JPG
中村寺の北東の方を通る真岡鉄道の鉄道線路


IMG_9503.JPG
西の方から見た平石山古墳所在地手前のカーブ
(写真右手の森となっている尾根の上が古墳所在地)


IMG_9487.JPG
尾根裾の平坦地にある塚状のもの


この記事へのコメント