長野県小県郡青木村当郷:大法寺

過日,天台宗・一乗山大法寺(長野県小県郡青木村当郷)を参拝した。本尊は,釈迦如来。

大法寺は,元は大宝寺と称し,大宝年間に藤原鎌足の子・定恵によって開山された非常に古い寺院とのこと。

大法寺の本堂から更に山の上の方に登ったところに三重塔がある。この三重塔は,正慶2年(1333年)に建立されたとても立派なもので,国宝となっている。

許可なく写真撮影禁止となっていたのだが,観覧券売場には誰もいなかったので許可を受けることができなかった。そこで,三重塔の写真を撮影することなく,観覧料を入れる場所に観覧料を入れた上で,三重塔を拝見するだけとした。


IMG_0641.JPG
大法寺入口付近


IMG_0584.JPG
大法寺の駐車場から見える景色
(夫神岳)


IMG_0578.JPG
境内案内図


IMG_0582.JPG
青木村の観光案内図


IMG_0592.JPG
六地蔵


IMG_0600.JPG
本堂


IMG_0603.JPG
石塔


IMG_0605.JPG
石祠


IMG_0635.JPG
石仏


IMG_0608.JPG
念仏供養塔など


IMG_0611.JPG
五百羅漢


IMG_0619.JPG
手水

大宝寺の本堂と三重塔との間に青木村郷土美術館がある。入館せず,素通りとなった。


IMG_0615.JPG
青木村郷土美術館の掲示板


IMG_0616.JPG
栗林一石路句碑


IMG_0614.JPG
土屋瑞穂「台地に立つ」


  大法寺

この記事へのコメント