龍ヶ崎市大徳町:薬師寺と天満宮・稲荷神社

過日,天台宗・瑠璃山薬師寺(茨城県龍ヶ崎市大徳町)を参拝した。本尊は,大徳二十三夜尊。
一般に,二十三夜尊とは,至勢菩薩のことを指すのだが,大徳二十三夜尊の場合には別のようだ。本尊とは別に,聖天堂内に歓喜天が祀られている。

本堂の前には神社の狛犬のようにして大きな蛙が対になっている。このように大きな蛙のある神社・寺院は他所にもあり,最近では,水宮神社(埼玉県富士見市水子)を参拝した。
本来的には農業と関係する水神に類するものと思われる。


IMG_1034.JPG
薬師寺入口付近


IMG_1037.JPG
本堂


IMG_1040.JPG
左側の蛙


IMG_1041.JPG
右側の蛙


IMG_1043.JPG
三十三番の札が貼付されている大師堂


IMG_1042.JPG
三十三番の札


IMG_1044.JPG
聖天堂


IMG_1045.JPG
六地蔵


IMG_1046.JPG
古い供養塔


薬師寺の境内地の隣地には天満宮・稲荷神社が鎮座している。この神社も参拝した。

由緒等の詳細は不詳。
おそらく,元は薬師寺と一体となっていた御宮であり,明治時代の神仏分離によって独立の神社の体裁となったのではないかと想像した。

朱色の社殿が天満宮に該当し,神社境内地にある「正一位小金稲荷神社」と刻まれた石碑が稲荷神社に該当するかもしれないし,あるいは朱色の社殿が正一位小金稲荷神社に該当し,右脇にある石祠が天満宮に該当するのかもしれないが,朱色の社殿に合祀されているのだろうと判断した。


IMG_1047.JPG
天満宮・稲荷神社の鳥居


IMG_1048.JPG
社殿


IMG_1050.JPG
「正一位小金稲荷神社」と刻まれた石碑


IMG_1053.JPG
境内社


IMG_1054.JPG
古くなった境内社の祠?


IMG_1057.JPG
境内社(金毘羅大権現・雷神社など)


IMG_1059.JPG
古い供養塔


IMG_1051.JPG
庚申塔


IMG_1061.JPG
不動明王?


薬師寺入口付近から西へ約70mのところに耕地区画整理の記念碑と石祠があった。道祖神ではないかと思ったのだが,よくわからない。


IMG_1032.JPG
耕地区画整理の記念碑


IMG_1033.JPG
石祠(道祖神?)



この記事へのコメント