早稲田の杜ミュージアム:企画展「児玉の原点大久保山-本庄台地の大規模古代集落跡の全貌-」と「児玉の原点 大久保山-浅見丘陵の人々と生活の歴史-」

昨日,早稲田の杜ミュージアム(埼玉県本庄市西富田)を訪問した。

現在,「久下東・久下前遺跡展-本庄台地の大規模古代集落跡の全貌-」と「児玉の原点 大久保山-浅見丘陵の人々と生活の歴史-」を見学するのがその目的。

何年かかけて検討してきた結果,古代と現代との間に断絶はなく,現代も古代の一部をそのまま引きずっているという史観を醸成しつつある。論証するのは容易なことではないが,どこをどのように調べれば確証を得られやすいかが次第にわかってきた。

本庄市一帯にある多数の史跡はそのような意味での確証を提供する場の1つだと言える。

2つの企画展の展示内容は極めて素晴らしいもので,内容の説明もわかりやすく,とても勉強になった。一見の価値がある。


IMG_2862.JPG
早稲田の杜ミュージアム


IMG_2788.JPG
「児玉の原点大久保山」の展示場所入口付近


IMG_2792.JPG
「児玉の原点大久保山」の展示場所で展示されている板碑


IMG_2803.JPG
「児玉の原点大久保山」の古墳時代~奈良時代頃の出土物の展示


IMG_2853.JPG
「児玉の原点大久保山」の展示会場の展示の一部


IMG_2836.JPG
「児玉の原点大久保山」の展示会場で展示されている大きな壺


この記事へのコメント