熊谷市広瀬:浅間神社と古墳

過日,浅間神社(埼玉県熊谷市広瀬)を参拝した。祭神は,木花咲耶姫命。

浅間神社は,村の鎮守として承久元年(1219年)に駿河国・富士浅間大神を勧請して創建された神社とのこと。

元は宮塚古墳(埼玉県熊谷市広瀬)にあった山王社を合祀しているようだ。

浅間神社の境内地の中には富士塚が築かれており,その前に富士浅間神社との額のある鳥居が立てられている。その富士塚には多数の神を祀る石碑が立てられている。

ところで,埼玉県遺跡地図・熊谷市によれば,浅間神社の境内には広瀬古墳群の11号墳(直径15m・高さ2.1mの円墳)があり,現況は,「山林の状態」,「ほぼ完存」との解説がある。
この解説記載が正しいという前提で浅間神社の境内地を見渡すと,該当する地形部分は,富士塚しかない。
それゆえ,浅間神社境内地にある富士塚が広瀬11号墳に該当するのだろう。


IMG_0292.JPG浅間神社の鳥居


IMG_0294.JPG
手水


IMG_0296.JPG
社殿


IMG_0311.JPG
境内社?


IMG_0317.JPG富士浅間神社の鳥居と富士塚


IMG_0318.JPG
斜め前から見た富士塚


IMG_0299.JPG
小御嶽石尊大権現


IMG_0306.JPG
天手長男神社


IMG_0300.JPG
富士守以内大明神


IMG_0301.JPG
天明靈神


IMG_0304.JPG
食行身禄


IMG_0312.JPG
富士塚の側面


IMG_0307.JPG
秋山翁壽蔵碑


IMG_0310.JPG
社務所・広瀬東西集会所


この記事へのコメント