印西市岩戸:西福寺と岩戸城跡

過日,臨済宗妙心寺派・金剛山西福寺(千葉県印西市岩戸)を参拝した。本尊は,釈迦如来。

西福寺は,文和2年(1353年)に始まる古い寺院。文化元年(1804年)に焼失したが,明治10年に再興されたとのこと。
境内には古い供養塔などがあり,寺院としての歴史を感じさせる。

西福寺の境内地はほぼ正方形に近い方形をしており,空堀と土塁に囲まれている。これは,岩戸城址としての遺跡とされている。
岩戸城の城主は西福寺の開基者である臼井氏の一族・岩戸胤安。臼井氏内の家督争いと関連して岩戸城が攻められて落城し,岩戸胤安も死去したらしい。その詳細は,西福寺入口付近に立てられている「岩戸胤安之碑」に記されている。
西福寺境内地の北・東・南が土塁に囲まれている。西福寺境内地の西側には民家等があるので,どうなっているのかよくわからないのだが,岩戸宗像神社の境内地付近にも土塁や空堀のように見える地形部分がある。もしそれが空堀や土塁であるとすれば,そのあたりが岩戸城の西端であり,郭が連続していたのかもしれないし,少なくとも連携する出城または砦のようなものだったのではないかと思った。

全体としてみると,非常に保存状態の良い土塁と空堀が残されている城跡遺跡だと言えるのではないかと思う。

なお,土塁の隅に櫓台跡のように見える場所があった。もしかすると古墳の二次利用物かもしれないというような印象を受けたのだが,よくわからない。


DSC01435.JPG
西福寺入口付近


DSC01454.JPG
本堂


DSC01439.JPG
大師堂


DSC01440.JPG
岩戸胤安之碑


DSC01441.JPG
阿弥陀佛


DSC01442.JPG
歴代住職の墓所


DSC01452.JPG
観音像


DSC01451.JPG
石塔


DSC01443.JPG
地蔵菩薩


DSC01444.JPG
六地蔵


DSC01450.JPG
東の方から見た南側の土塁内側


DSC01448.JPG
西の方から見た南側の土塁内側(一部)


DSC01449.JPG
土塁上の石祠


DSC01446.JPG
東側の土塁内側(一部)


DSC01466.JPG
東側~北東隅付近の土塁内側(一部)


DSC01459.JPG土塁の切れ目のような場所(虎口?)


DSC01462.JPG
空堀の方から見た櫓台跡のように見える場所


DSC01465.JPG
内側の方から見た櫓台跡のように見える場所


DSC01459.JPG
空堀(一部)


  かまがや散歩:印旛を歩く(13) 西福寺(印西市・岩戸)

この記事へのコメント