水戸市田島町:田島古墳群(その3)

過日,2度にわたり田島古墳群(茨城県水戸市田島町)の所在地を訪問し,見学可能な古墳を見学した。
道のない場所にある古墳等に関しては,最初から見学を断念した。

田島古墳群の分布図は,茨城県教育委員会編『重要遺跡調査報告書Ⅲ』(昭和61年3月)の33頁にある。
他方,内原町市編さん委員会編『内原町の遺跡-内原町遺跡分布調査報告書-』(1994年)の分布図II-1にも古墳分布図があるが,この分布図には古墳番号が付されていない。
そこで,同報告書の5~8頁にある解説と上記『重要遺跡調査報告書Ⅲ』の記載とを照合し,予め私製の仮分布図を作成しておき,それに従って古墳群を見学した。

田島5号墳の前方部端(石段のある場所)付近は,T字路のようになっている。この場所から東の方に折れ,少し湾曲した道をしばらく歩くと,田島5号墳所在地に至る。この道は,田島5号墳所在地の北東隅付近で南の方に折れているのだが,その先の道が現在では使用されていないらしく途中で途切れたような感じになっている。全体としては,大きな方形の区画の中に円墳が所在しているような感じになっている。

田島5号墳は,「山の神」とも呼ばれ,直径32m・高さ2.3m,周溝幅7~8mの円墳とされている。「山の神」との名に相応しい大きな円墳だ。


IMG_4071.JPG
北東の方から見た田島4号墳の前方部端付近の道
(この写真ではわかりにくいが,左手・東側の方に降りる道のT字路となっている)


IMG_4072.JPG
田島5号墳所在地の方に続く道


IMG_5455.JPG
北の方から見た田島5号墳


IMG_5458.JPG
東の方から見た田島5号墳


IMG_4083.JPG
田島5号墳の墳頂付近


IMG_4078.JPG
田島5号墳の周溝(一部)


IMG_4081.JPG
同上


田島4号墳の前方部端(石段のある場所)付近からそのまま北東方向に少し進み,左手(北側)の斜面を登ると,田島6号墳がある。
田島6号墳は,「庚申塚」とも呼ばれ,直径27m・高さ2.8mの円墳とされている。
田島6号墳所在地となっている斜面の少し上の方に道があり,その道を南西方向に下ると田島7号墳所在地付近に至る。その道を北東方向に少しだけ登ると田島8号墳がある。


IMG_4059.JPG
田島4号墳の前方部端付近から更に北東の方に進む道


IMG_5472.JPG
南の方から見た田島6号墳


IMG_5470.JPG
田島6号墳の墳丘南西側裾付近から見える田島4号墳(墳頂の天王社付近)


IMG_5480.JPG
田島6号墳の墳頂付近にある石材(庚申塔?)


IMG_5479.JPG
同上


IMG_5483.JPG
北の方から見た田島6号墳の墳頂付近


田島7号墳は,田島3号墳の概ね北・田島4号墳の概ね西,田島6号墳の概ね南西にあり,全長28m,後円部高さ3.7m,前方部幅9mの前方後円墳とされている。

田島7号墳の現況は,南側半分以上が大規模に掘削されており,縦割りに半分にした残骸のような状態になっている。土取りのための掘削ではないかと推定される。
このような状態にあるため,現況ではどちらが前方部でどちらが後円部かわからないような状態になってしまっている。『内原町の遺跡』の分布図では前方部を北東の方に向けた前方後円墳ということになっている。


IMG_4032.JPG
南西の方から見た田島7号墳(南西端付近)


IMG_4034.JPG南の方から見た田島7号墳(南西側部分)


IMG_4037.JPG
南の方から見た田島7号墳(中央部分付近)



この記事へのコメント