飯山市:飯山城址とその周辺(その2)

2022年8月中旬のことだが,飯山城址(長野県飯山市飯山)とその周辺を見学した。

現在,皆川城の城跡遺跡は,史跡公園「飯山城址公園」として整備されており,かつての本丸所在地は葵神社の境内地となっている。城の周囲に存在した堀の大部分は埋められてしまっているけれども,部分的にその名残りのようなものを見ることができる。

遺跡としての飯山城跡の発掘調査結果は,飯山市教育委員会編『長野県史跡 飯山城跡 遺構確認調査報告』(2002年3月)の中でまとめられている。

飯山城跡の北西側にある駐車場にクルマを停め,予定していた時間内で城跡とその周辺の主要部分を見て回った。

西曲輪の東側に帯曲輪があり,その帯曲輪の東側に本丸がある。
本丸の北西角付近に桝形がある。本来はこの桝形と本丸東側の不明門の下にある坂道が本丸の主たる出入口だったようなのだが,現在では,本丸に鎮座する葵神社の参道となる石段が本丸の西側に構築されている。


IMG_0180.JPG西曲輪から見た本丸と西曲輪との間にある帯曲輪


IMG_0189.JPG
西曲輪の南端付近から本丸と西曲輪との間にある帯曲輪に登る道
(元は存在せず,土塁だったと考えられる場所)
(手前は大手門跡の方に降りる道の端付近)


IMG_0181.JPG
飯山城址の標識


IMG_0190.JPG
南の方から見た本丸と西曲輪との間の帯曲輪に登る道
(元は存在せず,帯曲輪の一部を掘削して構築された道と推定される)


IMG_0194.JPG
北の方から見た本丸と西曲輪との間の帯曲輪に登る道


IMG_0195.JPG
北の方から見た本丸と西曲輪との間にある帯曲輪の南端付近


IMG_0196.JPG
本丸と西曲輪との間の帯曲輪から見た西曲輪


IMG_0198.JPG
本丸と西曲輪との間の帯曲輪から弓道場の方に降りる道


本丸と西曲輪との間にある帯曲輪の中央付近から東の方に登る石段と葵神社の鳥居がある。この石段と鳥居は,飯山城跡が城だった当時には存在しなかった。
この石段を登り,本丸跡の中心部に鎮座している葵神社を参拝した。
葵神社は,明治16年に建立された。祭神は,飯山藩主・本多広孝。明治維新後の本多家の遺臣らが建立した神社ということなのではないかと思う。

IMG_0199.JPG
南の方から見た帯曲輪上の様子
(葵神社の鳥居前付近)


IMG_0201.JPG
葵神社の石段と鳥居・拝殿


IMG_0225.JPG
社殿側面


IMG_0206.JPG
葵神社の社殿の方から見た鳥居


IMG_0231.JPG
葵神社の境内の様子


IMG_0205.JPG
飯山城跡の説明板

IMG_0204.JPG本丸南端付近
(本丸二重櫓所在地付近)


IMG_0232.JPG
本丸二重櫓の説明板


IMG_0233.JPG
本丸二重櫓跡付近から見た帯曲輪南端付近(手前)と西曲輪の一部(奥)


IMG_0224.JPG
本丸南東側端の様子


IMG_0223.JPG
不明門所在地付近


IMG_0218.JPG
不明門の説明板


IMG_0237.JPG
本丸入口付近(本丸門跡付近)


IMG_0235.JPG
本丸入口(本丸門跡)の内側


IMG_0234.JPG
本丸入口の桝形部分


IMG_0208.JPG
本丸入口の桝形部分上部


IMG_0211.JPG
本丸入口の桝形上部から見渡した二の丸


IMG_0239.JPG
二の丸から見た本丸門跡付近~本丸北側石垣



IMG_0238.JPG
二の丸から見た本丸南東角付近の石垣
(往時には写真中央の石段は存在しなかった)


IMG_0242.JPG
二の丸南東端付近から見下した坂口門跡付近


IMG_0240.JPG
坂口門跡の説明板


IMG_0246.JPG
二の丸南東端付近から見える景色


IMG_0254.JPG
本丸と西曲輪との間にある帯曲輪の北端付近の様子


IMG_0255.JPG
帯曲輪にある巨樹


IMG_0253.JPG
帯曲輪の説明板


この記事へのコメント