マルバルコウソウとマメアサガオ

この季節になるとあちこちでマルバルコウソウ(Ipomoea coccinea)の花を見かける。通常は,鮮やかな朱色の花なのだが,稀に白色の花があるとされている。しかし,確実にマルバルコウソウの白花と確信できる個体を見たことがない。それらしいものを見かけると,気をつけて観察するようにしている。

ところで,朱色の花の普通のタイプのように見えるマルバルコウソウでも,葉の先端部以外が全円になっておらず,尖った部分のある葉をもつ個体がある。もしかすると,交配品であるモミジバルコウソウ(Quamoclit xsloteri)から原種に先祖戻りしたようなタイプの個体なのかもしれない。交配品の種類が多いと,こういうことがしばしば起きる。
つまり,そのような個体は,遺伝子的には交配品の一種であり,原種という意味でのマルバルコウソウではない。

先日,水戸市杉崎町付近を散策中に,そのような全円ではない葉をつけたタイプの個体を見た。


IMG_5291.JPG


IMG_5302.JPG

IMG_5292.JPG


IMG_5373.JPG


先日,水戸市田島町の和光院付近を散策中,休耕中の畑のような場所で白花のマルバルコウソウが朱色花のマルバルコウソウと混在して花を咲かせているのを見た。ところが,柱頭の先端を見ると白くなく,紫色の部分が混じっている。
これは,マルバルコウソウの白花ではなく,マメアサガオ(Ipomoea lacunosa)またはその交配品の花なのだろうと思う。
このマメアサガオの葉も個体によって様々なタイプのものがあるから,純粋な原種はむしろ少なく,他の種の植物との交配品である場合が多いのではないかと推定される。

IMG_5379.JPG

IMG_5383.JPG


IMG_5385.JPG


IMG_5380.JPG


先日,熊谷市上中条の常光院付近を散策中にも白花のマルバルコウソウのような植物を見かけた。この花も柱頭が白色ではなく紫色の部分が混じっているので,マルバルコウソウではなく,マメアサガオまたはその交配品だろうと思う。


IMG_6556.JPG


IMG_6557.JPG


熊谷市東別府地区には,やはりマメアサガオまたはその交配品と思われる植物の花がいっぱいあった。

IMG_7051.JPG

IMG_7053.JPG


IMG_7048.JPG




 侵入生物データベース:マルバルコウソウ

 松江の花図鑑:マメアサガオ(豆朝顔)



この記事へのコメント