小山市乙女:寒沢古墳とその周辺

過日,寒沢古墳(栃木県小山市乙女)を見学した。
寒沢古墳は,直径20m・高さ3.5mの円墳。墳丘の北西側に周溝のような地形があり,小山市の文化財に指定されている。

寒沢古墳に関しては,小山市史編さん委員会編『小山市史 史料編・原始 古代』(昭和56年)の448~449頁に詳しい説明がある。この説明によれば,寒沢古墳の近くには寒沢遺跡という縄文時代の遺跡(土器片等の散布地)があるけれども,古墳時代の遺跡や遺物が全く認められないことから,「案外古墳ではないかもしれない」と結論付けている。

寒沢古墳は,段丘の北側縁に残された山林の中にある。『小山市史 史料編・原始 古代』の449頁にある昭和56年当時の地図によれば,このあたりのほぼ全部が農地だったようなのだけれども,現況は,寒沢古墳所在地のすぐ北側が宅地化している。この宅地区画の北側に位置する山林付近~間々田乙女排水機場付近までの場所が寒沢遺跡(縄文時代)の遺跡包蔵地となっている。

寒沢古墳は,その所在地の東側の方から見ると畑の奥にあり,通路がないように見えるが,古墳所在地の北側~北西側から段丘縁をぐるりと回って墳丘前まで至る道がある。
寒沢古墳の墳丘の前には鳥居と遺跡であることを示す石柱があり,墳頂には稲荷神社がある。土地所有者の方の氏神のようなものではないかと思ったが,敬意を表する趣旨で参拝した。

なお,この段丘縁には城または館の土塁のような地形が見られるけれども,遺跡として扱われていない。現代の開墾によって造成された地形なのかもしれない。


IMG_7704.JPG寒沢古墳の所在地
(中央の背の高い樹木のある場所)


IMG_7632.JPG
古墳所在地の北側から入る道の入口付近


IMG_7635.JPG
北の方から見た古墳所在地の北西側を通る道
(左手は墳丘所在地・右手は急崖)


IMG_7647.JPG
史跡寒沢古墳であることを示す標柱の所在地


IMG_7645.JPG
標柱


IMG_7675.JPG
北の方から見た道の続きと土塁様地形
(左手は畑・右手は急崖)

IMG_7678.JPG
南の方から見た寒沢古墳


IMG_7654.JPG
西の方から見た寒沢古墳前の鳥居


IMG_7660.JPG
鳥居から墳頂に登る道


IMG_7664.JPG
墳頂の稲荷神社


IMG_7682.JPG
南西の方から見た墳丘


IMG_7687.JPG
西の方から見た墳丘


IMG_7692.JPG
墳丘北側にある周溝のような地形部分


寒沢古墳の南東約100mの場所(グループホームふれんど間々田の北)にはコンクリートの擁壁で四角く囲んだ基壇の上にある小さな御宮がある。
古墳によるある形態の1つで,直観的には円墳の可能性があるというような印象を受けたのだが,現時点では遺跡として扱われていない。
敬意を表する趣旨で参拝した。


IMG_7628.JPG


IMG_7627.JPG



この記事へのコメント