オミナエシとキオビツチバチ(メス)

先日,取手市内を散策中,ある神社の花壇で咲いていたオミナエシ(Patrinia scabiosifolia)の花にキオビツチバチ(Scolia oculata)のメスがやってきているのを見つけた。
キオビツチバチは,全身が黒色で,腹部の黄色の紋がある。オスは黄色の帯状の紋になるが,メスは左右に2個の黄色の斑点が並んでいるような感じになるので区別できる。

この花と蜂を見たのは取手市の中でも住宅地ばかりの場所なのだが,様々なツチバチの仲間が生息し続けていることに驚く。

IMG_3706.JPG


IMG_3703.JPG


IMG_3699.JPG

この記事へのコメント