佐野市吉水町:興聖寺と清水城跡

過日,曹洞宗・普應山興聖寺(栃木県佐野市吉水町)を参拝した。本尊は,釈迦牟尼仏。
佐野西国三十三観音第十四番となっている。

興聖寺の境内は,清水城跡の中にある。清水城は,鎌倉時代に築城され,四角形の土塁と堀で四周が囲まれた構造をしている。佐野氏の改易によって清水城が廃城になった後,興聖寺がこの場所に移転して境内地とし,今日に至っているようだ。

土塁と堀は,基本的にほぼ全部残っているように見える。ただし,周囲が宅地化していることから,北側と南側からアクセスするのは不可能。また,境内地の大部分が墓地化しており,櫓台のような比較的大きな構造物の上には歴代住職の墓所があるため,内側からのアクセスにも大きな制限がある。
例外的に,城跡北東側の駐車場部分付近の土塁に関しては,内側から見学することが可能となっている。

IMG_6115.JPG興聖寺入口付近


IMG_6116.JPG
石塔と清水城跡の標識


IMG_6118.JPG清水城跡の説明板


IMG_6119.JPG
古い供養塔


IMG_6120.JPG
御堂(観音堂?)


IMG_6121.JPG
山門


IMG_6124.JPG
参道


IMG_6127.JPG
本堂


IMG_6132.JPG
歴代住職の墓所


IMG_6136.JPG
北東側の土塁内側の様子



  佐野市:清水(しみず)城跡

この記事へのコメント