熊谷市西別府:湯殿神社と西別府祭祀遺跡

過日,湯殿神社(埼玉県熊谷市西別府)を参拝し,同社の境内地にある西別府祭祀遺跡を見学した。湯殿神社の祭神は,大山祇命。
湯殿神社の由緒等の詳細は不詳。元は天台宗・湯殿山不動院と号する寺院と合一した湯殿山権現社だったようだ。そのことから,湯殿神社として分離されたのは,明治維新頃のことと想像される。多数の境内社が合祀されているが,その合祀も同時期のことと想像される。

この日は,西別府祭祀遺跡を見学した後,幡羅官衙遺跡群を構成する他の遺跡も見学した。別府沼公園西駐車場にクルマを停め,あとは徒歩で往復。

IMG_2245.JPG湯殿神社参道


IMG_2167.JPG
湯殿神社入口付近


IMG_2244.JPG
幡羅官衙遺跡群の説明板


IMG_2165.JPG
鳥居


IMG_2158.JPG
拝殿


IMG_2150.JPG
本殿


IMG_2161.JPG
合祀社


IMG_2153.JPG
合祀記念碑


IMG_2142.JPG
境内社(水神社)


IMG_2151.JPG
國常立尊など


IMG_2178.JPG
富士嶽大神


IMG_2159.JPG
手水


IMG_2154.JPG
境内林(一部)


IMG_2174.JPG
境内地西側にある堀切のような通路部分


湯殿神社境内地の北側には水路が流れている。(周辺地域が大規模に開拓されてしまい水源機能が喪失したため)現在ではお世辞にも清い水の湧出があるとは言えないような状態となっているが,かつては清い水が湧出し,水源地となっていたのだろう。この場所が祭祀遺跡と呼ばれる場所で,水路底等から様々な出土物があった。

IMG_2180.JPG水路(一部)


IMG_2137.JPG水路(一部)


IMG_2140.JPG
旧水源地付近


IMG_2146.JPG
祭祀遺跡付近


この記事へのコメント