松本市中山:中山古墳群(その3)

過日,中山古墳群(長野県松本市中山)の一部を見学した。
中山古墳群は,鍬形原遺跡内(中山霊園内)の古墳と周辺の関連古墳を併せた古墳群としての総称的な名称。
古墳群の分布図は,松本市教育委員会編『長野県松本市 中山古墳群 鍬形原遺跡 鍬形原砦址-中山霊園拡張に伴う第Ⅰ次~Ⅳ次発掘調査報告書-』(2003年) の4頁にある。

中山39号墳の所在地から更に北の方に登ると,霊園中心部のサークルのような場所の南側斜面林内に石の多い塚のようなものが見えてくる。これが中山17号墳に該当する。
そのあたりの樹木には,キノコが生えていた。ヒトクチタケまたはその近縁種と思われる。このキノコは,主としてアカマツに生え,寄生した樹木を枯らしてしまう。
なお,中山17号墳所在地のすぐ近く(西側)には石材が置かれている場所がある。遺跡ではなく,オブジェのようなものではないかと思うのだが,よくわからない。ただし,中山17号墳所在地~石材が置かれている場所の間にある林の部分が何らかの遺跡の遺跡包蔵地であることは疑いようがない。

IMG_2933.JPG東の方から見た中山17号墳所在地付近


IMG_2934.JPG
南東の方から見た中山17号墳


IMG_2935.JPG
北東の方から見た中山17号墳


IMG_2936.JPG
北西の方から見た中山17号墳


IMG_2940.JPG
中山17号墳付近の林


IMG_2942.JPGヒトクチタケと思われるキノコ

IMG_2943.JPGキノコが生えている樹木の幹


IMG_2951.JPG
オブジェ?


IMG_2938.JPG
中山霊園の中央サークル付近から見える景色


IMG_2954.JPG
中山17号墳所在地の近く(西側)にある展望施設?


IMG_2958.JPG
展望施設から見える景色


中山17号墳所在地から北西の方に更に登ると,霊園の北西端付近にある駐車場のあたりに至る。その駐車場の南東側約50mの場所付近が中山18号墳の所在地となっている。明確に古墳と分かるような標識がたてられているわけではなく,だいたいそのあたりという程度のことしかわからない。

IMG_3693.JPG北西側駐車場脇にある公奉勇義碑


IMG_3698.JPG
南西の方から見た中山18号墳所在地付近


IMG_3716.JPG
南の方から見た中山18号墳所在地付近


北西側駐車場の更に北西側は少しだけ高くなっており,「鍬形原砦址」という遺跡なのだそうだ。ただし,土塁跡等がほぼ全面的に削平されて平坦地化されている。遺跡の保存としてこれで良いのかどうか,疑問が残る。
鍬形原砦址の上には鍬形神社が鎮座している。

IMG_3727.JPG鍬形神社の鳥居


IMG_3725.JPG
鍬形神社


IMG_3723.JPG
鍬形原砦址の土塁跡といわれていたものが所在していた場所付近


IMG_3736.JPG
北西の方から見た鍬形原砦址


IMG_3732.JPG
鍬形神社の北西にある樹木式埋蔵施設(自然葬の葬祭施設)


IMG_3734.JPG
樹木式埋蔵施設付近から見える景色


この記事へのコメント