松本市並柳:弘法山古墳

過日,弘法山古墳(長野県松本市並柳)を見学した。
弘法山古墳は,全長66mの前方後方墳とされている。

この日は好天に恵まれ,移動の途中で北アルプスの山々がとても綺麗に見えた。
現地に到着し,弘法山古墳前の駐車場にクルマを停めた。
当初は,弘法山古墳を見学した後,弘法山の南側に位置する山の尾根上にもあるという幾つかの古墳(北尾根古墳群)を探してみようかと思っていた。ところが,私が訪問した日には,駐車場脇付近で樹木の枝の伐採作業が行われていたので,何となく北側の尾根道を登る気が失せてしまった。
いつか,その気になったら再訪したいと思っている。

IMG_2770.JPG移動の途中で見た常念岳


IMG_2773.JPG
移動の途中で見た燕岳


IMG_2782.JPG
弘法山古墳所在地への登り口


IMG_2780.JPG弘法山古墳の説明板


IMG_2777.JPG
観光案内図


IMG_2830.JPG
登り口付近から見える景色


IMG_2833.JPG
芭蕉の碑


IMG_2784.JPG
弘法山古墳碑と弘法山古墳公園碑


IMG_2786.JPG
尾根道


IMG_2788.JPG
四阿


IMG_2789.JPG
地名変更の碑

IMG_2791.JPG
四阿のある場所から更に続く尾根道


IMG_2792.JPG
山頂付近

IMG_2793.JPG
南の方から見た後方部


IMG_2795.JPG
説明板


後方部の墳頂付近に何人かの人がいるのが見えた。
しかし,明らかに普通の観光客ではない。さりとて調査や発掘作業をしているようにも見えない。「何だろう?」と思いながら後方部の墳頂に登った。
墳頂で挨拶し,簡単な説明を受けてわかったことなのだが,学校の社会科見学か何かで子供達が登山してくる直前であり,その子供達を墳頂で迎え,古墳の説明をするために学校の先生等の関係者が説明用の道具の準備をしながら待機しているところだった。

邪魔にならないよう,必要な写真をさっさと撮影し,前方部から墳丘裾に降り,まだ子供達がやってきていないことを確認した上で再度後方部に登って主体部上の保護用の砂利敷の写真を撮り,そして,学校行事の邪魔にならないように素早く退散することにした。

登って来た尾根道を下っていると,東側斜面にある別の登山路を子供達が元気良く登ってくる声が聞こえた。非常に良い体験学習だと思う。

IMG_2796.JPG後方部に登る階段


IMG_2797.JPG
後方部に登る階段から見た山頂付近


IMG_2823.JPG
墳頂の主体部保護のための敷石


IMG_2805.JPG
墳頂から見える景色


IMG_2804.JPG
墳頂から見える景色


IMG_2800.JPG
墳頂から見える景色


IMG_2802.JPG
墳頂から見た前方部


IMG_2806.JPG
前方部付近から見た後方部


IMG_2809.JPG
前方部端


IMG_2812.JPG
北の方から見た全景


IMG_2814.JPG
北東の方から見た前方部側面


IMG_2815.JPG
北東の方から見た後方部側面


IMG_2821.JPG
南の方から見た後方部斜面の一部


IMG_2827.JPG
四阿の東側斜面


IMG_3043.JPG
北東の方から見た弘法山古墳所在地


  松本市:弘法山古墳

この記事へのコメント