成田市上福田:上福田岩屋古墳(上福田7号墳)

過日,上福田岩屋古墳(千葉県成田市上福田)を見学した。上福田岩屋は,八坂神社の東約100mのところに位置している。
上福田岩屋古墳は,上福田古墳群を構成する古墳の1つであり,上福田古墳群中では7号墳となっている。
上福田岩屋古墳は,一辺34m・高さ6mの方墳とされている。横穴式石室が開口しているのだが,その石室の石材として貝化石を含む砂岩が用いられているという特徴がある。
上福田岩屋古墳(上福田7号墳)の石室と同様の貝化石を含む石材を使用した石室をもつ古墳として,岩谷古墳(龍角寺105号墳)が知られている。千葉県北部にある貝化石を含む地層としては,木下貝層がよく知られている。
非常に興味深い。
「龍(王)」が死後に棲む家には貝殻が相応しいと考えられたのだろうか?

石室は開口しているが障害物が設置されているので,中への立入を禁止する趣旨だと判断した。石室内には入らず,外からズームで撮影可能な範囲内で石室内の様子を写真に収録した。

IMG_1057.JPG南西の方から見た上福田岩谷古墳所在地付近


IMG_1031.JPG
八坂神社から上福田古墳所在地の前付近に至る道


IMG_1032.JPG
西の方から見た墳丘


IMG_1051.JPG
南の方から見た墳丘


IMG_1045.JPG
東の方から見た墳丘


IMG_1037.JPG
標柱


IMG_1049.JPG
石室入口付近


IMG_1036.JPG
石室開口部付近


IMG_1038.JPG
石室開口部


IMG_1040.JPG
石室内の様子


IMG_1043.JPG
石室に使用されている貝化石を含む石材


IMG_1053.JPG
墳丘の南西側を通る道


IMG_1059.JPG
上福田岩屋古墳所在地近くにある猿田彦大神


IMG_1061.JPG
猿田彦大神の近くにある石祠


この記事へのコメント