宮城県伊具郡丸森町台町:台町古墳群(その1)

過日,台町古墳群(宮城県伊具郡丸森町台町)を見学した。

台町古墳群は,175基の古墳(1基の前方後円墳+174基の円墳)によって構成される大規模な古墳群。
それらの古墳の全部を見学することはできないが,史跡公園として整備された区域内にある主要な古墳を見学できる。

主要な古墳の幾つかには標柱も立てられている。
ただし,全ての古墳に標柱が立てられているわけではなく,また,1基だけ誤記のあるものもあった。
最終的には関連資料を丁寧に読み,理解し,自分で判断するしかない。関連資料中には,当該資料の作成時点では古墳番号を確定できなかったために,測量図面のみを掲げているものがある。

今回の見学では,公式の番号が確定していない古墳に関しては,私自身の資料識別整理用に「X**号」という番号を付して写真を撮ることにした。この番号は,あくまでも私の個人的な目的のもので,公式の番号ではない。

今回の台町古墳群の見学に際しては,丸森町役場・教育委員会(生涯学習課)の担当者の方に大変お世話になり,関連資料等のコピーも入手できた。
これだけ懇切・丁寧な対応をしていただけることは滅多にない。まことにありがたいことだと思う。

台町古墳群から出土した土器等の考古学上の資料は,「丸森歴史資料館まるもりふるさと館」に収蔵・展示されている。訪問し,実物を見学した。担当者の方の対応は,親切だった。

このブログ記事は,それらの資料と手持ちの資料を検討し,考察した結果に基づいているのだが,誤解や間違いが含まれているかもしれない。

IMG_0966.JPG丸森歴史資料館まるもりふるさと館


台町古墳群の入口は北東側と南東側の2箇所にある。史跡公園内に立てられている標識中にはそのどちらにも駐車場があるように書かれているけれども,実際には,史跡公園の南東側にある集会所建物裏の駐車場しか利用できない。

南東側の入口にある駐車場は砂利敷きで,小型車であれば5~6台程度駐車できるのではないかと思う。駐車場の脇に古墳群の案内板等がある。

地元の方に教えていただいたところによれば,以前,盛んに遺跡調査が実施されていた時期があり,そのような調査作業中には関係者が宿泊用にこの集会所を利用したのだそうだ。

IMG_0543.JPG台町古墳群の南東側にある入口と集会所
(集会所左手の少し高くなっている場所が駐車場)


IMG_0545.JPG
台町古墳群の案内図


IMG_0548.JPG
台町古墳群整備記念碑


IMG_0546.JPG
入口付近にある金山ふる里かるた


史跡公園の北東側入口に存在するものとして「第2駐車場」と表示されている駐車場は,現実的には駐車場として利用できない。
その場所には,遺跡管理作業等のために作業用小型車両等を停めるのがせいぜいではないかと思う。

IMG_0731.JPG途中にある標識上の「第2駐車場」との表示


IMG_0804.JPG
北東側入口付近


IMG_0802.JPG
北東側入口付近にある金山ふる里かるた


史跡公園の南東側にある集会所裏の駐車場にクルマを停め,そこから先は徒歩で往復。
主として山の尾根と斜面を利用して構築されている古墳群なので,アップダウンはあるが,標準的なハイキングの装備があれば特に問題なく観て回れるだろうと思う。
史跡公園内の遊歩道それ自体はしっかりしており,感心した。

全体像を掴むため,とりあえず1号墳~3号墳,展望台等の所在地となっている史跡公園北西端付近まで進み,そこから逆戻りするようにしながら戻り,途中で北東側に分岐する尾根にある古墳を観察した後,元の分岐点に戻り,南東側の入口まで戻りながら古墳や史跡公園全体の現況を観察した。

IMG_0549.JPG古墳群入口(史跡公園南東側)


IMG_0550.JPG
徐々に山を登る


IMG_0551.JPG
分岐点の標識


IMG_0560.JPG
20号墳(前方後円墳)


IMG_0694.JPG
20号墳の前にある説明板

IMG_0563.JPG
1号墳と標識


IMG_0631.JPG
1号墳の墳頂付近から見える景色


IMG_0564.JPG
分岐点の標識


IMG_0565.JPG
展望台


展望台所在地の北側~西側斜面には樹木が密生している。それらの樹木を全部伐採しないと展望台にならないのではないかと思った。


  丸森歴史資料館まるもりふるさと館

  宮城県:台町古墳群(丸森町)

この記事へのコメント