南相馬市鹿島区横手:横手古墳群(その2)

過日,横手古墳群(福島県南相馬市鹿島区横手)を見学した。
横手古墳群は,常磐線の線路近くのA地区に含まれる古墳(15基)と初発神社周辺のB地区に含まれる古墳(4基)とに分けて分類されている。
横手古墳群に含まれる古墳の概要は,鹿島町教育委員会編『真野古墳群確認調査報告書』(昭和50年3月)の中で示されている。

福島県南相馬市鹿島区横手の榎内地内に分布するA地区の古墳を見学した後,北西に移動し,初発神社を参拝の上でB地区(原田地内)の古墳を見学した。

初発神社の祭神は,天之御中主神。元は相馬家の守護神である妙見神社だったけれども,明治時代に入って社号を「初発神社」と改め,今日に至っているとのこと。
初発神社の参道入口脇には,横手古墳群の標柱と説明板がある。

初発神社の社殿の基壇部は,横手古墳群のB地区1号墳。B地区1号墳は,径46.5×41.0m(周溝を除く墳丘は径約40m)・高さ3.0m(説明板の記載では高さ約3.4m)の円墳とされている。
周溝は,現在でも顕著に存在しており,かなり立派な古墳だと言える。もしかすると相馬家の祖先と何らかの関係をもつ者が被葬者なのかもしれないと思った。

IMG_0404.JPG参道前の石段と鳥居


IMG_0405.JPG
説明板


IMG_0406.JPG
鼻取地蔵菩薩


IMG_0408.JPG
拝殿前の石段と鳥居

IMG_0410.JPG
拝殿


IMG_0412.JPG
本殿


IMG_0413.JPG
本殿裏の様子


IMG_0415.JPG
本殿裏の様子


IMG_0416.JPG
境内社(田ノ神社)


IMG_0419.JPG
湯殿山・古峯神社・黄金山神社


IMG_0423.JPG
南西側の墳丘


IMG_0420.JPG
西側の墳丘裾と周溝


IMG_0434.JPG
東側の墳丘と周溝


IMG_0435.JPG
南東側の墳丘


IMG_0447.JPG
北西側の墳丘


IMG_0451.JPG
北東側の墳丘


この記事へのコメント