南相馬市鹿島区寺内~小池:真野古墳群(その7)

過日,真野古墳群A地区(福島県南相馬市鹿島区寺内)及び真野古墳群B地区(福島県南相馬市鹿島区小池)に含まれる古墳を見学した。

真野古墳群に含まれる古墳の概要は,鹿島町教育委員会編『真野古墳群確認調査報告書』(昭和50年3月)の中で示されている。
今回の現地踏査は,この確認報告書の記載と下記の南相馬市のWebサイトで入手できる「真野古墳群マップ」を比較対照しながら判断した結果に基づいているが,誤解や間違いが含まれているかもしれない。

A地区12号墳の所在地の東側~南東側は,(北から順に)A地区106号墳,A地区14号墳,A地区105号墳の所在地となっている。
これらの古墳が所在する区画は,比較的最近まで林だったようなのだが,私が訪問した時は地上樹木が伐採され,見通しが良くなっていた。調査が行われたのかもしれないし,あるいは,今後開発され,遺跡としては消滅してしまうのかもしれない。詳しいことはわからない。

A地区106号墳は,径7×7m・高さ0.5mの円墳とされている。現況ではかすかなコブ状地形があるのみとなっているが,その周辺に古墳由来と思われる石材が散在している。

IMG_0197.JPG西の方から見たA地区106号墳の所在地


IMG_0200.JPG
南西の方から見たA地区106号墳所在地


IMG_0199.JPG
A地区106号墳付近にある石材


IMG_0207.JPG
付近に散在する石材


A地区106号墳の南西に隣接してA地区14号墳があり,その南側に隣接してA地区105号墳がある。A地区105号墳の墳頂には石材が載せられていた。

A地区14号墳は,径11×11m・高さ1.3mの円墳とされている。
A地区105号墳は,径4.5×4.5m・高さ1.7mの円墳とされている。

IMG_0198.JPG
北の方から見たA地区14号墳(手前)とA地区105号墳(奥)


IMG_0204.JPG
東の方から見たA地区14号墳(右手前)とA地区105号墳(左奥)


IMG_0203.JPG
A地区14号墳の墳頂付近?


IMG_0214.JPG
南の方から見たA地区105号墳


IMG_0211.JPG
A地区105号墳の墳頂付近?


IMG_0209.JPG
散在する石材


IMG_0213.JPG
A地区105号墳所在地の更に南側付近の様子


A地区105号墳の東に隣接してA地区15号墳がある。
A地区15号墳は,径13×13m・高さ1.6mの円墳とされている。

IMG_0224.JPG西の方から見たA地区15号墳

これらの古墳を見学した後,福島県道267号大芦鹿島線に戻って更に東に進み,A地区7号墳の東約50mのところにあるA地区4号墳の所在地に至った。
A地区4号墳は,径12×12m・高さ1.2mの円墳とされている。墳頂には大きな石材が載せられている。古墳由来の石材と思われる。

IMG_0233.JPG北の方から見たA地区4号墳


IMG_0235.JPG
A地区4号墳の墳頂にある石材(ズーム)


真野古墳群の見学の最後に男山八幡神社を参拝したのだが,その参道からは,A地区101号墳と思われる墳丘が見えた。
A地区101号墳は,径13×13m・高さ1.2mの円墳とされている。
A地区101号墳の近隣にはA地区1号墳~3号墳の所在地があるが,これらの古墳の墳丘は既に消滅している。また,A地区101号墳所在地の近隣にはA地区102号墳~104号墳,116号墳及び117号墳の所在地があるが,これらの古墳はもともと地下遺構だけの古墳なので墳丘はない。

IMG_0245.JPGA地区101号墳


この記事へのコメント