つくば植物園:絶滅危惧生物展(その3)

つくば植物園の絶滅危惧生物展の会場となっている建物内には(Orchidaceae)の希少な植物のフラスコ内育成保続の研究施設があり,ガラス窓越しにその様子を見ることができる。
絶滅危惧生物展示の会場となっている建物以外の建物(温室)内でも様々な絶滅危惧種植物が保存栽培されており,個性的な花を咲かせていた。同一の種であっても条件が揃わないと開花しないことが多々あるため,同じ時期に訪問しても花と出逢えるとは限らない。例えば,バニラの仲間の花は一日花なので,運が良くなければその花と出逢うことができない。
つくば植物園は,世界中のラン科植物の保存のために特に集中的な努力と研究を重ねていることで知られている。
幾つかのラン科植物が花を咲かせていた。

IMG_9663.JPG希少なラン科植物のフラスコ内育成保存の研究施設


IMG_9689.JPG
デンドロビウム・クサントフレビウム
Dendrobium xanthophlebium


IMG_9679.JPG
デンドロビウム・デンシフロルム
Dendrobium densiflorum


IMG_9685.JPG
デンドロビウム・アマビレ
Dendrobium amabile


IMG_9673.JPG
マスデバリア・リギアエ
Masdevallia ligiae


IMG_9669.JPG
シンビジウム・ボルニエンセ
Cymbidium borneense


IMG_9699.JPG
キクロポゴン・エラトゥス
Cyclopogon elatus


IMG_9749.JPG
エウロフィア・スペクタビリス
Eulophia spectabilis


IMG_9756.JPG
バニラ・プラニフォリア
Vanilla planifolia


IMG_9761.JPG
バニラ・ボルニエンシス
Vanilla borneensis

この記事へのコメント