那珂市南酒出:蒼龍寺

過日,曹洞宗・大湖山蒼龍寺(茨城県那珂市南酒出)を参拝した。
下記のサイト等によれば,蒼龍寺の所在地は,元弘元年(1330年)に臨済宗・松花山高泰院として建立された寺院があり,佐竹氏から保護を受けたが,後に徳川光圀の命により廃寺となり,千波から曹洞宗・大湖山蒼龍寺が移転してきて現在に至っているとのこと。
境内には推定樹齢500年のカヤの巨木があり,那珂市の天然記念物に指定されている。

IMG_0217.JPG
蒼龍寺入口付近


IMG_0228.JPG
山門


IMG_0227.JPG
本堂


IMG_0218.JPG
客殿庫裏建設記念の碑


IMG_0224.JPG
御堂


IMG_0216.JPG
六地蔵


IMG_0232.JPG
カヤの巨木


IMG_0231.JPG
カヤの説明板



 那珂市観光協会:神社・仏閣
 http://www.naka-kanko.jp/page/page000077.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック