つくば市若栗:あずき庵

念向寺の近くに「菓匠あずき庵」(茨城県つくば市若栗)という和菓子店がある。最近,寺社めぐりや遺跡見学の帰りなどにときどき寄り,家族の土産に和菓子を買うようになった。
ちゃんとした和菓子職人が丁寧につくった和菓子は,大規模工場で大量生産される和菓子とは全く別の物だと思っている。大規模工場で和菓子を大量生産すると,品質の安定や保存のために必ず添加物を配合する。それだけで既に本来の和菓子ではない。大量生産における品質管理のために,原料が事前処理されており,それだけで既に生菓子ではない。しかも,大量生産に用いられる原料の多くが中国からの(中国内で事前処理された)輸入品だろうと推察される。
また,和菓子職人の感性や考え方の相違により,観た目は同じような菓子でも味わいや品質がかなり異なることがしばしばある。普通の茶饅頭を例にとってみると,外見だけではどれも同じように見えるのだけれども,店によって餡が全く異なっている。
あとは個人の好みの相違があるし,同じ人間でもその日の気分のゆらぎのようなものもあるので,一律にどの店が常に良い店という評価はできない。個性と品質が自分の価値尺度から見て上位で安定している和菓子店を(自分の行動圏内で)何軒か知っていることが大事なのだろうと思う。
「あずき庵」は,私にとってはそのような意味で貴重な和菓子店の1つ。店主は信頼できる方だと思っている。

IMG_1351.JPG

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック