常総市羽生町:中坪古墳群

過日,中坪古墳群(茨城県常総市羽生町)を見学した。
中坪古墳群は,法蔵寺の北西約300mの段丘縁付近に所在している。円墳2基で構成される古墳群とされているのだけれども,いばらきデジタルマップ上では「中坪遺跡」として表示されるので,現在では古墳時代の古墳としては扱われていないのかもしれない。
2基の古墳の所在地に関しては,いばらきデジタルマップ上では,「神社境内,宅地,畑,山林」となっており,正確なところがよくわからない。古墳の基数が2基なのに異なる地目が4種並んでいるので,現存古墳の他に湮滅古墳が2基以上あったということを前提にしなければ理解できない。このままでは整合性を欠く記載(オープンデータの基本原則である正確性の原則に反する記載)だと考える。仕方がないので,関連しそうな場所の中でアクセス可能な場所を全部見学した。
高尾神社を参拝した後,その周辺を拝見した。しかし,高尾神社境内地にはそれらしいものが全く見当たらなかった。もし境内地に円墳が存在したのだとすれば,既に湮滅したものと思われる。
高尾神社入口の北東側の道路脇には目測で直径10m前後,高さ2m程度の塚があった。これが残存古墳に該当するのだろうと判断した。
残存古墳と思われる塚の所在地から少し北の方には小さな御堂があった。その御堂の前で合掌した。この御堂のある場所は,元は古墳だったのではないかと思われる。

IMG_1274.JPG
西の方から見た中坪古墳群所在地の森


IMG_1258.JPG
古墳群所在地付近の畑


IMG_1262.JPG
高尾神社


IMG_1272.JPG
古墳と思われる塚状地形の所在地


IMG_1267.JPG
古墳と思われる塚状地形


IMG_1269.JPG
古墳と思われる塚状地形の近影


IMG_1257.JPG
御堂


IMG_1255.JPG
御堂の脇にある十九夜供養塔など


IMG_1252.JPG
御堂の所在地付近


IMG_1251.JPG
中坪古墳群所在地付近から見える筑波山

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック