埼玉県秩父郡小鹿野町:氷雨塚古墳と千尋原古墳群

過日,氷雨塚古墳(埼玉県秩父郡小鹿野町下小鹿野)を見学した。
氷雨塚古墳は,直径15mの円墳とされており,現況の墳頂付近に横穴式石室が開口している。石室の位置や形状等から見て,元はもっと大きな古墳だったのだろうと思われる。古代において,朝廷の命によりこの地に屯田し,支配した武人の墓所ではないかと考えた。
氷雨塚古墳の所在地の旧地名は,千尋原。このあたりには,かつて,千尋原古墳群と呼ばれる古墳群が所在した場所とされており,古墳に該当するのではないかと疑われる塚状地形が幾つか残されているものの,現況は,大部分が畑地,宅地,工場用地等となっている。近隣の畑の縁には古墳由来と思われる石材が集積されている場所があった。
なお,秩父地方には氷雨塚との名をもつ古墳が他にもある。

IMG_3635.JPG
南の方から見た氷雨塚古墳


IMG_3638.JPG
南東の方から見た氷雨塚古墳


IMG_3642.JPG
南西の方から見た氷雨塚古墳


IMG_3636.JPG
氷雨塚古墳の石室開口部付近


氷雨塚古墳のすぐ東に塚状地形がある。千尋原143号墳に該当するものと判断したが,確実ではない。


IMG_3639.JPG
千尋原143号墳

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック