群馬県佐波郡玉村町:梨ノ木山古墳など

過日,梨ノ木山古墳(群馬県佐波郡玉村町下茂木)を見学した。
梨ノ木山古墳は,芝根村3号古墳とも呼ばれる古墳。現況は,直径42m×45m・高さ7mの円墳とされている。ただし,元は前方後円墳だったと考える見解が有力となっているようだ。滑石製模造品等が出土しており,非常に興味深い。
梨ノ木山古墳の周囲には小さな古墳が点在している。それらの小さな古墳の中で殿台山古墳と玉村町370号墳は,地上部があるとされているけれども,現況は完全に墓地化しており,明確に墳丘として容易に識別可能なレベルで地上部が残存しているとは言い難いと思った。

IMG_5001.JPG
東の方から見た様子


IMG_4998.JPG
説明板


IMG_5003.JPG
北東の方から見た様子


IMG_5022.JPG
北西の方から見た様子


IMG_5011.JPG
西の方から見た様子


IMG_5015.JPG
墳頂付近


IMG_5017.JPG
葺石?


IMG_5005.JPG
梨ノ木山古墳付近から見た殿台山古墳所在地付近


IMG_5021.JPG
梨ノ木山古墳付近から見える景色



 玉村町:町史跡
 https://www.town.tamamura.lg.jp/docs/2019030500037/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック