潮来市:稲荷山古墳群(その3)

過日,稲荷神社(茨城県潮来市潮来)を参拝した後,同社の東側に所在する稲荷山古墳群を見学した。古墳群所在地周辺は,稲荷山公園として整備されている。稲荷山古墳群は,8基の古墳で構成される古墳群とされている。

3本ある散策路中の南側のコース沿いは,西から順に2号墳,4号墳,5号墳,6号墳がある。
3本ある散策路中の中央のコースから南の方を見ながら歩くと,2号墳と5号墳の墳丘が見える。

IMG_2626.JPG
南側の散策路


南側のコースを西から東に向けて歩くと,散策路の左手(北側)に稲荷山2号墳が見えてくる。2号墳は,直径約17m・高さ約1.2mの円墳とされている。草で埋もれて見えなかったけれども,周溝の跡が残されているそうだ。墳丘の一部は掘削されて変形しているように見える。
なお,稲荷山2号墳の東に稲荷山4号墳(直径約7.5m・高さ約0.4mの円墳)が所在していることになっている。残念ながら,草に埋もれて見付けることができなかった。草のない冬~早春の季節であれば,見つけられるのではないかと思う。


IMG_2627.JPG
南西の方から見た2号墳


IMG_2628.JPG
西の方から見た2号墳


IMG_2669.JPG
北の方から見た2号墳


稲荷山2号墳所在地から西に向けて歩くと,散策路の左手(北側)に稲荷山5号墳が見えてくる。5号墳は,全長約29m・高さ約1.6mの前方後円墳とされている。


IMG_2630.JPG
南西の方から見た5号墳
(左手前が後円部・右奥が前方部)


IMG_2632.JPG
5号墳前方部付近


IMG_2645.JPG
北の方から見た5号墳
(左が前方部・右が後円部)


稲荷山5号墳所在地から更に西の方に進むと,「遺愛亭跡」の手前(南東側)付近に稲荷山6号墳が見えてくる。6号墳は,全長約24m・高さ約1.2mの前方後円墳とされている。


IMG_2712.JPG
北東の方から見た6号墳
(左が前方部・右が後円部)


IMG_2716.JPG
6号墳前方部


6号墳付近から南東側へ降りる狭く急な坂道がある。この坂道を降り,クルマを停めてあった潮来市営駐車場に戻った。
潮来市営駐車場の前(東側)に「にしくらの手焼せんべい店」という煎餅店がある。店舗の中で煎餅を製造しているようだ。土産に買って帰ったのだが,美味しかった。
一般に,巷には菓子が溢れている。しかし,菓子というものは,そもそも大量生産すべきものではなく,こうして個々の菓子店の店舗内において,心をこめてつくるべきものではないかと思う。
菓子に関しても,飢餓の時代の反作用と推測される飽食の時代を終わりにしたほうが良いと考える。


IMG_2725.JPG



 趣味の案件:潮来市稲荷山古墳群(前編)
 https://ankenna.blog.fc2.com/blog-entry-335.html

 趣味の案件:潮来市稲荷山古墳群(後編)
 https://ankenna.blog.fc2.com/blog-entry-336.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック