ワラビ

昨日,散策していたら,国道の歩道脇の法面にワラビ(Pteridium aquilinum)が出ているのを見つけた。こんなところでも生えるものかと一瞬驚いたのだが,よく考えてみると,その場所は,元は山だったところを切り取って道路とした場所なので,もともとワラビ山だったのかもしれない。
ワラビは,春の食材として喜ばれることが少なくない。自然の山に生えるものであれば一応安全と言えるだろう。しかし,国道脇の法面となると,もしかすると除草剤等の薬剤をまいているかもしれず,タイヤの粉塵や排気ガス中の微粒子等の有害物質も心配なので,安全度が低いものと推定したほうが良さそうに思う。

IMG_9503.JPG


IMG_9502.JPG

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック