マスクサの花

自宅近くの里山を散策中,林縁のような環境にある農道で小さなスゲの仲間を観た。最初はヌカスゲ(Carex mitrata)かと思った。しかし,ちょっと様子が異なる。

よく観ると,雄小穂のような部分がなく,各小穂の下に長い苞葉がある。写真を拡大してみると,柱頭が3個ある。小穂の付け根のあたりに葯がまばらに出ている。これらの特徴から,マスクサ(Carex gibba)だろうと判断した。

当初,ヌカスゲではないかと思ったのは,草丈が低いからだった。これから暖かくなれば,もっと草丈が高くなり,誰が見てもすぐにマスクサだとわかるようになるだろう。


IMG_3206.JPG


IMG_3208.JPG


IMG_3210.JPG


IMG_3214.JPG


IMG_3218.JPG



 野の花賛花:マスクサ(枡草)

 四季の里地里山植物:マスクサ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック