常陸大宮市:松吟寺

昨日,臨済宗東福寺派・稲荷山松吟寺(茨城県常陸大宮市下町)を参拝した。山門は,古いもので,文化財としての価値が高い。境内の建物等は再々建のもので比較的新しいものだが,どれも立派なものだった。境内内の庭は,禅に無頓着な私にとってはちょっと難解な部分が多かった。松の木の根本の亀の形が可愛らしいというという感想しかできないので,禅の深淵には到底達することのできない俗物の一員なのだと改めて自覚した。

IMG_7906.JPG
山門


IMG_7909.JPG
松吟寺


IMG_7907.JPG
山門の説明板


IMG_7915.JPG
本堂


IMG_7911.JPG
鐘楼


IMG_7910.JPG
幾何学文様の庭


IMG_7912.JPG
松の木の根本の亀


IMG_7913.JPG
結実している蓮の鉢



 稲荷山松吟寺
 https://shouginji.com/71200/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック