多胡碑

過日,群馬県立歴史博物館で多胡碑の複製(レプリカ)を見た。実に面白い形をしている。形それ自体として何か意味があるのではないかと思う。伝説の羊太夫との関係が議論されてきた興味深い古碑だ。「羊」に関していろいろと調べてきた。日本の古代の一側面を知ることのできる一つのヒントが隠されているように思う。

多胡碑
多胡碑 [複製]

碑文の内容は明瞭で,下記のとおり。


  弁官符上野國片罡郡緑野郡甘

  良郡并三郡内三百戸郡成給羊

  成多胡郡和銅四年三月九日甲寅

  宣左中弁正五位下多治比真人

  太政官二品穂積親王左太臣正二

  位石上尊右太臣正二位藤原尊

私なりに解釈してみると,次のような感じなのだろうと思う。

  弁官の符

  上野國の片崗郡、緑野郡、甘良郡、并三郡内から三百戸を分けて郡をつくり羊に給い、多胡郡とする。

  和銅四年三月九日甲寅

  左中弁・正五位下・多治比真人、太政官・二品・穂積親王、左太臣・正二位・石上尊、右太臣・正二位・藤原尊が宣。

当時の弁官局の構成を推測することができる資料でもある。現代風に言うと,内閣府と同じというような感じだろうと思う。この碑は,弁官局からの布告を書き写したものと推定され,それゆえに弁官の「符」とあるのだろうと思う。「上野國の片崗郡、緑野郡、甘良郡、并三郡内から三百戸を分けて郡をつくり羊に給い、多胡郡とする」との部分がその布告の実質的内容で,日付は布告のあった日,そのあとの人名は布告を発した(宣した)官僚の名前ということになる。

地名については,『続日本紀』の和銅4年3月6日に「上野国の甘楽郡の織裳(おりも)・韓級(からしな)・矢田・大家(おおやけ)、緑野郡の武美(むみ)、片岡郡の山(やま)等6郷を割いて別に多胡郡を置く」とあることから,「并三郡」と「緑野郡の武美」とが一致すると推定され,要するに,「三」は「み」と読むものだということがわかる(「三」を「み」と読むことが可能だとすれば,例えば,「三井寺」は「御倭寺」であり得る。)。

地名が完全に一致していないのは,朝廷における領地の認識・把握と現地における割り振りとに齟齬が存在していたかもしれないことを示唆している。

これは,江戸時代でも「隠し領地」のようなものが全国各地に存在していたことを考えるとむしろ当たり前のことで,在地の豪族が私的に荘園収益等を確保し朝廷に税を上納しないようにするため,要するに脱税をするための何らかの方策の一種だったと考えることもできる。石高(税額)の確定のために太閤検知が行われるまで全国を網羅する正確な土地測量はなかったのだろうと思われるし,その太閤検地でさえ完全なものであるはずがなく,あちこちに隠し地がいっぱい存続していたことは疑いようがない。

いずれにしても,「多胡郡」を新設するということは,地方(毛國)に郡という名の屯田・荘園の開拓を許す趣旨と思われる。

私有地であると同時に公有地でもあるような現代の所有権思想ではピンと来ないような部分のある土地制度というべきで,従来の日本国古代法制史(法史学)にも一部修正が必要なのではないかと考え続けている。

それにしても,多胡郡となる前の土地は誰が支配していたのだろうか?榛名山大噴火の後,無人の地となったままだったのだろうか?

なお,「多胡」については,本当に「多胡」なのかどうか,更に検討をすべき部分があるかもしれないと思っている。例えば,「多胡」と「多賀」は同じということがあり得るのではないだろうか。要するに,「多家」の一員だ。

他方,宣者の名も非常に興味深い。

「真人」,「親王」は皇族としての肩書きなのだろうと思う。問題は「尊」で,神名としては「みこと」と読む。

「多治比真人」は,「多治比池守(多治比嶋の子・多治比嶋と蘇我馬子は同一人物かもしれない。)」のことであろうか。「穂積親王」は天武天皇の子,「石上尊」は「石上麻呂(物部宇麻乃の子)」,「藤原尊」は「藤原不比等」のことだとされている。

多治比氏は多家の宗家かもしれない。

藤原不比等は毛國と縁がある(藤原不比等の母は,毛國の車持国子君の娘・与志古)。

また,石上神宮の石上氏(物部連)と藤原氏との抗争がこのあとで起きたものと推定される。

穂積親王の人物像については,詳細がわからず,謎が多い。直観的には,森将軍塚古墳(長野県千曲市大字森字大穴山)の被葬者を祖とする人々(おそらく安曇氏)と何らかの関連を有する人ではないかと思うのだが,「穂積」という名だけから考えると,穂積咋の曾孫・穂積老ではないかと想像したくもなる。穂積氏は,秦族の一員と思われ,穂積咋が大山咋神なのではないかと考えることがある。仮にそうだとした場合,大山咋神が倭国に渡来したおおよその時代を推定することが可能となる。

おそらく,古代においては,「神」とは「上」であり,要するに「官」を意味したのだと思う。だから,神ではない人でも神と同じ「尊」になる。「神社」は「上社」であり,要するに官庁としての建物だったのだと考える。

その後,何らかの政治的な理由により,「神社」の宮司や禰宜の政治的権原が希薄化されあるいは隠蔽され,神に仕える者としての形式だけが外形的に表現されるようになって今日に至っていると考えるのが妥当だろう。

神領としての荘園は,その領地のようなもので,古代の争乱の多くは,そのような意味での荘園からの収益の争奪戦という純粋な経済問題(銭金の問題)として理解すると非常にわかりやすくなる。

伝説によれば,多胡羊太夫は邪心による讒言によって誅殺されたのだという。これまた,富の奪い合いという極めてどすぐろい政治抗争(=経済的利益の争奪戦)の一つだったと考えると,合点のゆく部分が多い。

特に多胡羊太夫を誅殺したと推定される者が,その後,同地の支配者の祖となったとされていることがかなり興味深い。良心の呵責といったようなものはなかったのかもしれない。

[付記]

「群馬」との地名が「車(旧車評)」に由来することはよく知られている。

しかし,どうして「久留馬」または「来馬」等としなかったのだろうか?

「群馬」の「群」は,「君」と「羊」を合わせた文字となっている。まさに「羊太夫(羊の君)」なのだと思う。



群馬県立歴史博物館
http://grekisi.pref.gunma.jp/

多胡碑
http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2013121600286/

増田 修「多胡碑の「羊」と羊太夫伝承」
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/simin10/hitujika.html

多胡碑模刻並考証
http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/chi10/chi10_01865/index.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック