植物工場

東京駿河台にある明治大学駿河台校舎リバティタワー1階に「植物工場」の展示がされていた。どんな味がするのか食べてみたいところだが,我慢・・・(笑)

植物工場


植物工場


12月2日には植物工場関係の公開シンポジウムが開催される。

 公開シンポジウム「植物工場 —都会でも新鮮で安心な野菜を作る—」開催(12/2)のお知らせ
 日 時:2011年12月2日(金)13:30~16:30
 場 所:明治大学駿河台キャンパス リバティホール(リバティタワー1F)
 参加費:無料(事前申込不要)
 http://www.meiji.ac.jp/plant/info/2011/6t5h7p000001flg9.html

この記事へのコメント

kazuyoo60
2011年12月01日 13:36
土が無くては育たないと思っていますが、土は植物には邪魔だとか、この美味しそうな野菜たちは水耕栽培ですね。
2011年12月02日 10:37
kazuyoo60さん

植物工場では基本的に水栽培だけです。人工栄養100パーセントということになりますね。

一応ちゃんと育つし虫に食われることもないのですが,味がどの工場でも均一になってしまうようです。地植えの場合には土によって化学成分が微妙に異なり,それが地域や畑による味の違いにつながっていくんですけどね・・・

この記事へのトラックバック