自宅のラン:庭に露地植えにした洋蘭の芽生え

この春にオフリス・ボンビリフロラ(Ophrys bombyliflora)とセラピアス・リングア(Serapias lingua)の苗を購入し,庭に植えておいた。いずれも夏の間は地上部が枯れてしまい,冬になると葉を伸ばし,春に花を咲かせる植物だ。若干心配ではあったけれど,どちらも夏の間に球根が増え,芽を出してきた。

Serapias lingua
Serapias lingua


Ophrys bombyliflora
Ophrys bombyliflora


このまま露地植えにして観察してもよいのだけれど,もし冬の寒さに耐えられなかったら悔しい思いをすることになる。そこで,球根のうち半分を鉢植えにして室内栽培することとし,残りをそのまま露地植えにしてみることにした。もし露地植えで冬越しできるのならば,スイセンと同じような感じで育てることができ,特に手間要らずで毎年花を楽しむことができるようになるだろう。

掘り起こしてみると,どちらもラッキョウくらいの大きさの薄茶色の球根ができており,そこから芽を出している。今年の冬を越してみないと判らないのだけれど,たぶん,日本(関東)の冬に耐えられるのじゃないかと思った。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 自宅のラン:庭に露地植えにした洋蘭(その後)

    Excerpt: 実験として,自宅の庭に露地植えにした洋蘭は,その後も順調に成長を続けている。たぶん,このまま冬越しできるだろうと思う。万が一の失敗に備え,安全確保のため鉢植えにして室内栽培している株のほうもすこぶる順.. Weblog: 怠け者の散歩道 racked: 2009-12-09 08:37