シロダモの花

寒くなってから花を咲かせる植物は結構たくさんある。ヤツデの花が咲き出す頃,里山ではシロダモの樹に花が咲く。昨年の雌花のあとには赤い実がなっている。地味な花なのでつい見過ごしてしまいがち。


Neolitsea sericea
シロダモ(雄花)


Neolitsea sericea
シロダモ(雌花と果実)


昨日は,やっと大きな会議を無事に終了させることができた。そのあと,少人数の懇親会に参加し,大いに楽しんだ。とてもよかった。

しかし,内憂外患とでもいうべきか,解決しなければならない課題が次々とやってくる。

人生は起伏に富みすぎていて,ちょっと息切れ気味・・・

でも,がんばらないと・・・

シロダモは,毎年,寒くなりだしたころに花を咲かせる。どうしてそんな時期に花を咲かせるのかよく分からない。そして,とても寒い冬の間に実を受精させ,次第に大きくし,1年がかりで翌年の開花時期のころに実を熟させる。赤い実だ。

植物は,偉い。どんなに寒くても,なすべきことをきちんと果たしている。

ちょっと憂鬱になりそうになったので,短時間だけだけど,シロダモの花を探しに外に出てみた。そして,このように思った。


 シロダモ(白だも)
 http://shinrin.cool.ne.jp/sub180.html

 シロダモ(白だも)
 http://homepage.mac.com/n_yoshiyuki/hana/sirodamo.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック