茨城県植物園:早春の洋ラン展

茨城県植物園で「早春の洋ラン展」というイベントが開催されているので出かけてみた。主にパフィオペディラム育種研究会と常陸洋蘭友の会の皆さんが育てているランを出展して展示するイベントで,綺麗な花を楽しむことができた。

Ibaraki Prefecture Botanical Garden


Ibaraki Prefecture Botanical Garden


出展者の関係だろうと思うのだが,蘭の種類としてはパフィオペディルムが最も多かった。様々な交配種や原種の鉢が並べられていた。全部紹介するのはとても無理なので,何となく気に入った品種をいくつか紹介しようと思う。

Paphiopedilum armeniacum x Todd Clark
Paphiopedilum armeniacum x Todd Clark
出展者:風見和広さん


Paphiopedilum Red Heart
Paphiopedilum Red Heart "Red Bee"
出展者:川島幸喜さん


Paphiopedilum parishii
Paphiopedilum parishii
出展者:黒澤 豊さん


パフィオペディルム以外にも数多くのランが出展されていた。これまた全部紹介するのは無理なので,何となく気に入ったものを紹介しようと思う。

Cattleya Pamela
Cattleya Pamela
出展者:梅原 勲さん


Laeliocattleya Mary Elizabeth Bohn
Laeliocattleya Mary Elizabeth Bohn
出展者:石井 健さん


Catasetum Grace Dunn
Catasetum Grace Dunn
出展者:大山福男さん



 茨城県植物園
 http://www.ibaraki-shokubutuen.jp/

この記事へのコメント

2008年01月20日 16:23
今年もランの季節が訪れましたね。
我が家のランもそれぞれ花芽が伸びてきました。
パフィオペディルムの仲間はいろいろありますね。
このごろようやく馴染みがでてきました。
ちょっと引いてしまっていたのですが…
黄色い花見事ですね。こんな明るい色もあるのですね。
2008年01月20日 16:31
ミキさん こんにちは。
あちこちでラン展が開催されているようですね。何だかバタバタしていてさっぱり出かけることができないのが残念・・・^^;
パフィオペディルムには本当に色んな交配種があります。白いものもレモン色のものもありました。面白いです。
我が家で育てている小さなランも花を咲かせ始めました。花を咲かせてくれると本当に嬉しいです。ただ,このところ急に冷え込んでしまったせいかどうか(←温室がないので常温で育つ種類だけ育てています。),せっかく咲き始めた花がいじけてしまったりすることがあるのがちょっと悲しいです。

この記事へのトラックバック