庭のセキチクの花

正月ということで家族一緒に参拝に行ってきた。穏やかな正月だ。帰宅してから庭に置いてある原木からシイタケを収穫し,それから庭に咲いているセキチクの花などの写真を撮った。「一年の計は元旦にあり」というから,この一年もこうして暮らすことになるのだろう。(笑)

セキチク(Dianthus chinensis L.)は,ナデシコ科ナデシコ属に属し,中国原産の多年草ということだ。園芸品種が多数ある。

Dianthus chinensis


Dianthus chinensis


別名を「カラナデシコ(唐撫子)」とも言うらしい。平安時代に中国から渡来した植物とのことで,そのためについた名前なのだそうだ。

英名は「China pink」,「Indian pink」,「Japanese pink」または単に「pink」等と言うらしい。中国原産の植物なのに「Indian pink」や「Japanese pink」等とも呼ばれているというのはちょっと解せない。(笑)

さて,セキチクは,普通は5月~6月に花を咲かせる植物とされている。

ところが,我が家の庭では12月の中旬ころからずっと花を咲かせ続けており,花が散る頃には次の蕾ができている。

いったい,どういうことなのだろうか・・・?


 セキチク(石竹)
 http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/sekitiku.html

 石竹 (せきちく)
 http://www.hana300.com/sekich.html

 Dianthus chinensis Linnaeus
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=200007038

 Dianthus chinensis L.
 http://www.ars-grin.gov/cgi-bin/npgs/html/taxon.pl?13827

この記事へのコメント

2007年01月01日 12:54
新年、おめでとうございます。
セキチクですか、花びらの淵がギザギザの変わった花ですね。淡いピンクの花に惹かれます。
昨年は大変お世話になりました。
本年も宜しくお願い致します。
2007年01月01日 13:13
庭花さん あけましておめでとうございます。
ちっちゃな花なんですが,この時期には戸外で明るい花を咲かせる植物が乏しいので,ちっちゃくても庭の中では存在感があります。^^
本年もよろしく御願いします。

この記事へのトラックバック