サンケジア・ステノマクラ

ロンドンの王立植物園内にあるパームハウスという温室で,サンケジア・ステノマクラの花らしきものを観た。花「らしき」という意味は,花だと思うのだけれどもよく分からず,もしかすると若葉かもしれなかったからだ。そもそもこの植物については専門家の間でも詳しいことがよく分かっていないらしい。(笑)

サンケジア・ステノマクラ(Sanchezia stenomacra Leonard & LB Sm.)は,キツネノマゴ科サンケジア属に属し,ペルー原産の常緑低木ということだ。

Sanchezia stenomacra


Sanchezia stenomacra


キツネノマゴ科サンケジア属の植物としては,サンケジア・スペキオサ(Sanchezia speciosa)が国内でも栽培されている。このサンケジア・スペキオサと比較してみると,植物体全体の感じや葉の形状などはよく似ている。


 サンケジア・スペキオサ
 http://www.botanic.jp/plants-sa/sanspe.htm

 Royal Botanic Gardens, Kew
 http://www.rbgkew.org.uk/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック