サラセニアを使ったフラワーアレンジメント

私が投宿しているホテルの14階エレベータホールには,食虫植物であるサラセニアのドライフラワーをあしらったフラワーアレンジメントが置いてある。食虫植物を装飾に用いる例を見たのは初体験だ。素晴らしい。

画像


素晴らしいといえば,キタノホテルのバーでヴァイヴラフォンを中心としたカルテットのJAZZ生演奏を聴いた。このグループで最高にイカしているのは,長身のピアニストだ。

ライブ演奏が終わってから,「ラフマニノフやスクリャービンを彷彿とさせるような重厚でメランコリックな音の厚みをもつインプロバイズがあって,とても良かった」と話しかけたら,「僕は,ロシア人なんだ。とてもうれしい。ありがとう。」とのこと。なるほど,血というものはあるな,と思った。

そして,「あなたのCDはあるか?」と聴くと,カバンの中から1枚のCDを持ってきた。ソロアルバムだった。10ドルと言われたが,「素晴らしい演奏のお礼に」と20ドル払った。

そのピアニストの名前はRhil Markowitzで,アルバムの名前はTAXI RIDEだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック