側溝のクレオメ

画像
私の住む住宅街を散歩していたら,自宅のすぐ近くの街区にあるコンクリート製側溝の中から長く茎を伸ばし花を咲かせているクレオメを見つけた。それなりに綺麗。それにしてもこんなところで咲いているとは・・・

クレオメ(Cleome spinosa)は,フウチョウソウ科クレオメ属に属し,南アフリカ原産で,園芸植物として親しまれている非耐寒性1年草ということだ。

別名を「セイヨウフウチョウソウ(西洋風蝶草)」,「クレオメソウ」,「スイチョウカ(酔蝶花)」とも言うらしい。

英名を「Spider flower(蜘蛛花)」と言うらしいのだが,英語圏の人の目から見るとクモのように見えるのだろう。日本では「フウチョウ(風蝶)」だから,文化の違や視点の隔たりの大きさを改めて痛感する。 

ところで,クレオメは園芸植物なのだが,私は,それが野生化している例をたくさん見てきた。公園の花壇から近くの空地や草原などに逸出したと推定されるものもあったし,なぜか高速道路のSAの草地の中に生えているものもあったし,あるいは,栽培しているとは思われないような状況で農道の脇に群生していることもあった。そして,今回は,住宅街の道路のコンクリート製側溝の中で見つけた。

おそらく,繊細な構造をした花とは裏腹に,相当生命力が強く頑丈な植物なのではないかと想像する。だから,かなり過酷な環境でも生き続けられ,どんどん野生化することが可能なのではないだろうか?

綺麗な花ではあるのだけれど,在来種の保護という観点からは要警戒だと思われる。

現状を放置した場合,秋の七草がオミナエシではなくクレオメになってしまっているなどという未来が来るかもしれない。


 クレオメ
 http://www.yasashi.info/ku_00005.htm

 クレオメ
 http://masuo32.sakura.ne.jp/A12_107.htm#107

 クレオメ(Cleome)
 http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-cleome_large.html

この記事へのコメント

2005年09月13日 12:59
まーきれいな花。何の因果か不幸にも側溝のなかに着生したのに頑張って美しい花を精一杯咲かせていますね。微風に舞う無数の蝶のように見えます。見つけていただいた幸運に感謝です。
2005年09月13日 13:47
クレオメ、子供のころは風蝶草という名前で呼んでいました。家の庭にあってもそれほど意識もしなかったのに、なぜか最近、好きになって。好きな花が年とともにだんだん変わります。
2005年09月13日 17:06
目黒のおじいちゃんさん こんにちは。
坂本竜馬じゃないけれど「ドブの中でも前向きに・・・」という感じなんでしょうか・・・?^^;
この花は,昼間観るとちょっとかわいそうなくらいに縮れてしまっていますね。たまたま通りかかった時間帯がよかったみたいで,一応花らしく撮影できました。^^
2005年09月13日 17:14
みけさん こんにちは。
散歩していると,いろんなところで見かけますね。
私の散歩道の途中には農家が多いのですが,農家の庭先でも咲いているのを見かけることがあります。
何となくヒガンバナに似たようなところもあるんですが,ヒガンバナよりもずっと色が綺麗なので人気があるんじゃないでしょうか?
ところで,キーボードが早く直ると良いですね。^^
2005年09月13日 18:09
ピンクのクレオメが、小学校の時に花壇にありました。それにしても風蝶とは、いい名前ですね。和名の方が花に合っているように思えます。
2005年09月14日 00:30
湖のほとりからさん こんばんは。
クレオメより和名のほうが良いというのは確かにそうですね。^^
気まぐれメモ
2005年09月14日 19:09
家のクレオメ。まだ元気です。けっこう長い間楽しませてくれる花ですね。でも、花が終わって引き抜く時、茎の小さな棘が手に。 (^^;
2005年09月14日 19:22
気まぐれメモさん こんばんは。
この花って,花が散ってもどんどん上のほうに伸びて新しい蕾ができるんですよね。^^
ところで,棘があるんですね。気をつけないと危ないですね。^^;

この記事へのトラックバック

  • ユーアデニア・エミネンスの花

    Excerpt: ロンドンの王立植物園内にあるパームハウスという温室で,ユーアデニア・エミネンスというフウチョウソウ科の植物の花を観た。珍しい花だ。しかし,どこがどうなっているのかよく分からない花だった。(笑) Weblog: 怠け者の散歩道 racked: 2006-07-18 00:59
  • 白いクレオメ

    Excerpt: 私の自宅の近くにあるクレオメの花はピンクや薄紫色のものが多い。フランス滞在中にも非常に多くの花壇などで同じような花を観た。ジヴェルニーにあるモネの庭園を訪問してみたら,そこには純白のクレオメが咲いてい.. Weblog: 怠け者の散歩道 racked: 2006-07-25 16:16