サツキツツジ

画像
ツツジとサツキとの違いがよく分かっていない私にとっては怖れていた時期がやってきてしまった。サツキと呼ばれているツツジがあちこちで花を咲かせている。

サツキツツジ(Rhododendron indicum)は,ツツジ科ツツジ属に属する植物だそうなのだが,要するにツツジの一種であり,やや遅咲きをするタイプのものの総称のようだ(「サツキとツツジ、その違いは?」参照)。

もちろん,サツキツツジの原種のようなものが存在するのだろうが,私にとっては識別不可能だ。

植物園で「サツキツツジ」と書かれたプレートのある植物の花を何度観てもどれだけ詳しく見ても,やはり「ツツジ」にしか見えなかった。(笑)

そもそもツツジの原種とはどのようなものかと思っていたが,ある文献にはイワツツジが原種だと書いてあった。本当かどうかについては,素人なので全然分からない。

そこで,イワツツジとはどのようなものかを検索してみた。普通にツツジだと思っている植物の花の形とはかなり違った形の花を咲かせる植物で,面食らってしまった。

要するに,まだまだ勉強不足で何も分かっていないということがよく分かった。(笑)


 サツキツツジ(皐躑躅)
 http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/satuki-tutuji.html

 イワツツジ(岩躑躅)
 http://3.pro.tok2.com/~kasya/hanano02/iwatutuji01.html

この記事へのコメント

MM
2005年06月06日 20:07
父親が昔からサツキの栽培をしていますが、1000種類以上あるんじゃないかなぁ・・・っていっていました。園芸種はたくさんあるし、一代限りのもあるのかもしれません。
2005年06月07日 05:21
MMさん コメントありがとうございます。
サツキには1000種類以上あるんですか・・・
でも,全部サツキだとすると,それを整理・分類する仕事って,図鑑をつくるというよりは住民基本台帳を調製するのに似ているような気もしますね。^^;
もしサツキ台帳が存在するなら,誰でもアクセスできるようにしてもらいたいです。
何だか嫌われるようなデータベースやプライバシー侵害の懸念のあるデータベースはどんどんできるけど,動植物の図鑑のような誰とっても役にたつものはあまり予算化されませんね。なぜでしょうか?

この記事へのトラックバック