名取市植松:雷神山古墳とその周辺(その2)

2022年9月中旬のことだが,雷神山古墳(宮城県名取市植松)とその周辺を見学した。 雷神山古墳は,その北東側に隣接する小塚古墳と共に史跡公園として整備されている。 小塚古墳は,直径54m・高さ8mの円墳とされている。「小塚」という名になっているけれども,それは,雷神山古墳と比較して,相対的に小さいという意味であり,絶対値としてはかな…
コメント:0

続きを読むread more

名取市植松:雷神山古墳とその周辺(その1)

2022年9月中旬のことだが,雷神山古墳(宮城県名取市植松)とその周辺を見学した。 雷神山古墳は,墳丘長168m,後円部直径96m・後円部高さ12m,前方部長さ72m・前方部幅96m・前方部高さ7.2mの前方後円墳。雷神山古墳の北東側に隣接する小塚古墳(直径54m・高さ8mの円墳)と共に史跡公園として整備されている。 雷神山古墳の前…
コメント:0

続きを読むread more

千葉県山武郡芝山町上吹入:相馬高神社と上吹入・林古墳群(その2)

過日,相馬高神社(千葉県山武郡芝山町上吹入)を参拝した。祭神・由緒等の詳細は不詳。 相馬高神社の境内地を含む周辺一帯は,上吹入城の城跡とされている。その城の詳細も不明なのだが,土塁や堀切のように見える地形部分が存在する。もし城跡であるとすれば,神社境内地付近が主郭だったのではなかろうか。 他方,相馬高神社の境内地は,上吹入・林古墳群…
コメント:0

続きを読むread more

千葉県山武郡芝山町上吹入:相馬高神社と上吹入・林古墳群(その1)

過日,相馬高神社(千葉県山武郡芝山町上吹入)を参拝した。祭神・由緒等の詳細は不詳。 相馬高神社の境内地を含む周辺一帯は,上吹入城の城跡とされている。その城の詳細も不明なのだが,土塁や堀切のように見える地形部分が存在する。もし城跡であるとすれば,神社境内地付近が主郭だったのではなかろうか。 他方,相馬高神社の境内地は,上吹入・林古墳群…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県児玉郡神川町二ノ宮:大光普照寺

2022年9月中旬のことだが,金鑽大師として知られる天台宗別格本山・金鑽山一乗院大光普照寺(埼玉県児玉郡神川町二ノ宮)を参拝した。本尊は,十一面観世音菩薩。児玉霊場三十三番札所・関東百八地蔵霊場第十八番札所となっている。 下記の大光普照寺のホームページ上の縁起の記述によれば,大光普照寺は,聖徳太子の創建,舒明天皇の勅願寺とされている。…
コメント:0

続きを読むread more

テイカカズラの果実

2022年9月中旬のことだが,金鑽神社(埼玉県児玉郡神川町二ノ宮)の参道を歩いていたら,木の枝から水牛の角のような果実がぶらさがっているのを見つけた。たぶん,テイカカズラ(Trachelospermum asiaticum)の果実だろうと思う。 以前書いたことの繰り返しになるが,神社の神鏡を支える「雲形」と呼ばれる台のルーツは古代中国…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県児玉郡神川町二ノ宮:金鑚神社と御嶽城跡(その3)

2022年9月中旬のことだが,金鑚神社(埼玉県児玉郡神川町二ノ宮)を参拝した。 金鑚神社には本殿がなく,建物としては拝殿があるだけであり,拝殿背後にある山全体が御神体となっている。 御嶽山の頂上付近一帯は,一体のものとして,安保氏によって築城された御嶽城の城跡遺跡となっている。上杉氏と武田氏が争っていた時代の御嶽城に関しては,神川町…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県児玉郡神川町二ノ宮:金鑚神社と御嶽城跡(その2)

2022年9月中旬のことだが,金鑚神社(埼玉県児玉郡神川町二ノ宮)を参拝した。 金鑚神社には本殿がなく,建物としては拝殿があるだけであり,拝殿背後にある山全体が御神体となっている。 御嶽山の頂上付近一帯は,一体のものとして,安保氏によって築城された御嶽城の城跡遺跡となっている。御嶽山に登る山道の北側には御嶽山の山頂から東に伸びる尾根…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県児玉郡神川町二ノ宮:金鑚神社と御嶽城跡(その1)

2022年9月中旬のことだが,金鑚神社(埼玉県児玉郡神川町二ノ宮)を参拝した。祭神は,天照大神・素戔嗚尊。日本武尊を配祀している。ただし,『神道集』では,祭神を金鑽大明神(本地仏は弥勒菩薩)としている。 金鑚神社は,日本武尊が創建した神社とされており,式内社・武蔵國児玉郡金佐奈神社と比定されている。金鑽神社は,武蔵國二の宮とされている…
コメント:0

続きを読むread more

名取市飯野坂:宮山古墳

過日,宮山古墳(宮城県名取市飯野坂)を見学した。 宮山古墳は,全長60mの前方後方墳とされている。宮山古墳は,飯野坂共同墓地の北西に位置する森の中にあり,その森の入口付近には飯野坂古墳群全体の説明板がある。宮山古墳だけの独立の説明板が存在するのかどうかは知らないのだが,たぶん存在しないのだろうと思う。 宮山古墳は,山林の中に墳丘が残…
コメント:0

続きを読むread more

名取市飯野坂:山居古墳

過日,山居古墳(宮城県名取市飯野坂)を見学した。 山居古墳は,飯野坂古墳群を構成する古墳。山居古墳は,全長60m,後方部高さ4.8m,前方部高さ2.8mの前方後方墳とされている。 山居古墳の周囲は完全に団地化しているのだが,墳丘部分を含む長方形の大きな土地が古墳保存のための区画として残されたため,往時の姿を想像できるレベルの状態で古…
コメント:0

続きを読むread more

名取市飯野坂:山居北古墳

過日,山居北古墳(宮城県名取市飯野坂)を見学した。 山居北古墳は,飯野坂古墳群を構成する古墳。山居北古墳は,全長40m,後方部高さ2.8m,前方部高さ1.2mの前方後方墳とされている。 山居北古墳は,名取が丘の団地の北端にあるので,観音塚北2号墳を見学した後,その北西にある交差点までいったん下り,そこから団地内の階段を登り,団地内の…
コメント:0

続きを読むread more

名取市飯野坂:観音塚北1号墳・観音塚北2号墳

過日,観音塚古墳の北側の斜面を少し下ったところにある観音塚北1号墳と観音塚北2号墳(宮城県名取市飯野坂)を見学した。 観音塚北1号墳と観音塚北2号墳は,飯野坂古墳群を構成する古墳。観音塚北1号墳は一辺14.4mの方墳,観音塚北2号墳は一辺14.2mの方墳とされている。所在地は,観音塚古墳の北にあるのが観音塚北1号墳で,そこから更に北西…
コメント:0

続きを読むread more