熊谷市石原:東漸寺と古墳など

過日,臨済宗妙心寺派・法雲山地蔵院東漸寺(埼玉県熊谷市石原)を参拝した。 東漸寺は,古地頭城和泉守昌茂(寛永3年没)が開基・樵南紹能(正保4年没)が開山となって創建された寺院とのこと。 東漸寺の堂宇はとても立派なもので,境内地内には多数の石仏や供養塔などがある。石造物は,どれも素晴らしい文化財だと思う。 山門 本堂 …
コメント:0

続きを読むread more

熊谷市広瀬:おとうか山古墳など

過日,おとうか山古墳(埼玉県熊谷市広瀬)を見学した。 おとうか山古墳は,埼玉県立熊谷工業高等学校の南東約200mのところにあり,直径27m・高さ2.2mの円墳(現在の遺跡番号・59-025-11)とされている。現況は,草木がぼうぼうに生えている状態で,墳丘が見えない。墳丘の近くまでアクセスできないので,公道から見える範囲内で見学し,一…
コメント:0

続きを読むread more

熊谷市小島:広瀬10号墳

過日,広瀬古墳群の10号墳(埼玉県熊谷市小島)を見学した。 広瀬10号墳は,浅間神社(埼玉県熊谷市広瀬)の西約200mのところににあり,一辺7.5×7.3m・高さ1.4mの方墳とされている。埼玉県遺跡地図・熊谷市の解説によれば,田の中にあるとなっており,かつてはそうだったのだろうと思うが,現在では田ではなく単なる平坦地の中に古墳がある…
コメント:0

続きを読むread more

熊谷市広瀬:浅間神社と古墳

過日,浅間神社(埼玉県熊谷市広瀬)を参拝した。祭神は,木花咲耶姫命。 浅間神社は,村の鎮守として承久元年(1219年)に駿河国・富士浅間大神を勧請して創建された神社とのこと。 元は宮塚古墳(埼玉県熊谷市広瀬)にあった山王社を合祀しているようだ。 浅間神社の境内地の中には富士塚が築かれており,その前に富士浅間神社との額のある鳥居が立…
コメント:0

続きを読むread more

熊谷市小曽根:小曽根神社と古墳

過日,小曾根神社(埼玉県熊谷市小曽根)を参拝した。祭神は,天鈿女命。小曽根神社は,天明2年(1782年)に創建の神社とのこと。拝殿には,小曽根神社の額だけではなく,雀神社と天神宮の額も掲げられている。これは,同一の拝殿の中に雀神社と天神宮も合祀されているということを示しているのではなく,境内社として並んでいる小さな朱塗りの神社のことを指…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市上小塙町:烏子稲荷神社と古墳

過日,烏子稲荷神社(群馬県高崎市上小塙町)を参拝した。祭神は,宇迦御魂命,大日靈命,素戔嗚命,菅原道真公。 延暦2年(783年)に山城國・藤の森稲荷の分霊を勧請して創建された神社とのこと。 烏子稲荷神社の本殿は,高崎市指定の有形文化財となっている。 石段の脇に狛犬と思われるものが対になって置かれていた。狛犬だと思ったのだが,もしか…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市井出町:賢海坊古墳

過日,賢海坊古墳(群馬県高崎市井出町)を見学した。 賢海坊古墳は,「小さなパスタ屋マカロニ」というイタリアレストランの南側駐車場敷地内にあり,直径約15mの円墳とされている。墳頂には石祠が祀られている。『群馬県古墳総覧2017』によれば,未調査古墳とのことで,古墳それ自体としての詳細は不明。 ちょうど昼時に到着したので,この店でラン…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市保渡田町:天子塚古墳と保渡田城跡

過日,天子塚古墳(群馬県高崎市保渡田町)を見学した。 天子塚古墳は,上郊村3号墳とも呼ばれ,直径約30m・高さ約5mの円墳とされている。現況は,墳丘裾が道路等によって一部削られているため,少し小さくなっている。墳頂には,秋葉大神,多数の庚申塔が祀られている。 天子塚古墳所在地を含む周辺一帯は,戦国時代の保渡田城の城址にもなっている。…
コメント:0

続きを読むread more

オニグモ

2022年10月初旬のことだが,市貝町周辺を散策中,オニグモ(Araneus ventricosus)と思われる大型のクモがナツアカネのようなトンボを捕らえているのを見た。自然界は厳しいものだ。
コメント:0

続きを読むread more