龍ヶ崎市大徳町:鹿島神社

過日,鹿島神社(茨城県龍ヶ崎市大徳町)を参拝した。祭神は,建御雷之男神。拝殿の額には「鹿嶋神社」と記されているけれども,茨城県神社庁では「鹿島神社」としているので,それに依拠することにした。 本殿は,茅葺の建物で,とても立派なものだった。 鳥居 手水 拝殿の額 左側の狛犬 右側の狛犬 本殿 …
コメント:0

続きを読むread more

龍ヶ崎市大徳町:薬師寺と天満宮・稲荷神社

過日,天台宗・瑠璃山薬師寺(茨城県龍ヶ崎市大徳町)を参拝した。本尊は,大徳二十三夜尊。一般に,二十三夜尊とは,至勢菩薩のことを指すのだが,大徳二十三夜尊の場合には別のようだ。本尊とは別に,聖天堂内に歓喜天が祀られている。 本堂の前には神社の狛犬のようにして大きな蛙が対になっている。このように大きな蛙のある神社・寺院は他所にもあり,最近…
コメント:0

続きを読むread more

龍ヶ崎市砂町:医王院

過日,砂町薬師として知られる曹洞宗・玉光山医王院(茨城県龍ヶ崎市砂町)を参拝した。本尊は,薬師瑠璃光如来。医王院入口の石柱には「醫王院」と刻まれており,本堂の額には「醫王堂」と記されている。 医王院は,大統寺(茨城県龍ヶ崎市横町)と同じく土岐氏と関係する薬師堂の1つとして慶長3年(1558年)に創建された寺院で,明治37年に独立の寺院…
コメント:0

続きを読むread more

ユウガギク?

2022年10月初旬のことだが,桜川市の水田地帯を散策中,水田と歩道との間でキク科の植物が青色味の強い花を咲かせているのを見つけた。たぶん,ユウガギク(Aster iinumae)またはその園芸品種だろうと思う。 よく見ると,ヒメアカタテハ(Vanessa cardui)などの様々な昆虫や小さなクモの仲間がやってきている。 …
コメント:0

続きを読むread more

龍ヶ崎市横町:楠森稲荷神社

過日,楠森稲荷神社(茨城県龍ヶ崎市横町)を参拝した。祭神は,宇迦之御魂神。社殿脇に由緒を記した石碑が立てられており,かなり細かな経緯を知ることができる。要するに,楠森稲荷神社は,元は,佐野主計という神官の家の氏神(家神)のような神社だったらしい。 私が訪問した時には,社殿で猫が昼寝していた。 鳥居 社殿正面 社殿側面…
コメント:0

続きを読むread more

龍ヶ崎市横町:大統寺

過日,曹洞宗・龍峰山大統寺(茨城県龍ヶ崎市横町)を参拝した。本尊は,釈迦年尼仏。 大統寺は,天正13年(1585年)に,当時の龍ケ崎城主・土岐胤倫によって開山された寺院。その際,大運寺を移築し,大聖院・天真院を合併した上で,「大統寺」という寺号とすることになったようだ。 土岐氏と縁の深い寺院であり,境内の墓地には土岐氏の墓所もあると…
コメント:0

続きを読むread more

龍ヶ崎市寺後:頼政神社

過日,頼政神社(茨城県龍ヶ崎市寺後)を参拝した。 源平合戦の時代の源頼政の家臣・下河辺行吉が敗死した源頼政の首を持ち帰り埋めた場所が,そのまま頼政貧者となり,今日まで続いているのだそうだ。 源義経の首の移動の例とは異なり,宇治平等院の闘いにおいて全滅に近い敗戦状況という混乱状況の下で下河辺行吉が源頼政の首を持ち帰ることができたかどう…
コメント:0

続きを読むread more

龍ヶ崎市根町:般若院など

過日,天台宗・金剛山般若院観仏寺(茨城県龍ヶ崎市根町)を参拝した。本尊は,聖観世音菩薩。 般若院は,天元元年(978年)に道珍法師によって創建された古い寺院。土岐氏や徳川家から保護を受けた。元は別の場所にあったが,大永4年(1524年)に現在地に移ったとのこと。 境内には樹齢推定450年の桜(エドヒガンザクラ)の古樹がある。この桜の…
コメント:0

続きを読むread more

リンドウとフユイチゴ

先日,山武市の某古墳群所在地周辺を散策中,リンドウ(Gentiana scabra var. buergeri)の花を見た。久しぶりだ。 リンドウが生えていた場所にはフユイチゴ(Rubus buergeri)も生えており,果実が熟していた。このあたりにはフユイチゴが多いらしく,あちこちで目にした。 リンドウ リンドウ …
コメント:0

続きを読むread more

熊谷市石原:石原4号墳と石原5号墳

過日,石原古墳群の4号墳と5号墳(埼玉県熊谷市石原)を見学した。 石原4号墳(直径17×18m・高さ1.4mの円墳)と石原5号墳(全長34m,後円部径11~18m,前方部長16m・前方部幅5m)は,東漸寺の南東に位置する住宅街の中にあり,墳丘のある区画だけ住宅が建てられていない。この区画の南側を通る公道から石原4号墳の墳丘を観察できる…
コメント:0

続きを読むread more