コキア(ホウキギ)

匝瑳市内を散策中,畑の一部を花壇のようにしている場所を通った。お墓などに供える花を栽培しているのではなかろうか。 コキアとも呼ばれるホウキギ(Bassia scoparia)が紅葉していた。季節を感じさせる植物だ。 「コキア」との名は,かつてコキア属(Kochia)に分類されていたことから慣用的に使用されているもの。
コメント:0

続きを読むread more

古河市長谷町:長谷寺

過日,古河長谷観音として知られる真言宗豊山派・明観山観音院長谷寺(茨城県古河市長谷町)を参拝した。本尊は,十一面観世音菩薩。長谷寺は,明応2年(1493年),古河公方・足利成氏によって建立された古い寺院。代々の古河城主が祈願寺としたとのこと。本尊の木造十一面観世音菩薩立像は,足利市の有形文化財に指定されている。 長谷寺参道 …
コメント:0

続きを読むread more

古河市中央町:鷹見泉石記念館など

過日,鷹見泉石記念館(茨城県古河市中央町)を見学した。鷹見泉石記念館は,かつて鷹見家が代々住んだという家屋等を文化財として一般公開している施設。 天性の能力に恵まれた鷹見泉石が古賀藩の格式の高い武士の家の生まれであり,かつ,様々な厄介な仕事を適切にこなすことのできる優れた実務的能力をもち,その結果,藩主から信頼を得ていたことは,とんで…
コメント:0

続きを読むread more

古河市中央町:福法寺と旧古河城乾門

過日,真宗大谷派・亀嶋山福法寺(茨城県古河市中央町)を参拝した。本尊は,阿弥陀如来。 福法寺は,建治年間に開基の古い寺院で,後に下総國佐倉に移ったが,寛永8年(1631年)に現在の地に移り,今日に至っているとのこと。 福法寺の山門は,旧古河城内の二の丸御殿の入口にあった乾門を移転して山門としたもので,古河城の姿を知るための非常に貴重…
コメント:0

続きを読むread more