北本市高尾:サンアメニティ北本キャンプフィールド(北本市野外活動センター)

2022年7月下旬のことだが,サンアメニティ北本キャンプフィールド(埼玉県北本市高尾)を訪問し,有料利用場所の利用者のみが利用できる場所以外の場所を見学した。なかなか良い施設だと思う。草木の手入れもしっかりしているのではないだろうか。私が訪問した時には柱サボテンに花がついていた。柱サボテンは,夜に開花し,午前中には次第に萎れてしまうのだ…
コメント:0

続きを読むread more

ボタンヅル

先日,信州を散策中,あちこちでボタンヅル(Clematis apiifolia)が開花しているのを見た。私の自宅の周辺ではセンニンソウ(Clematis terniflora)ばかりで,ボタンヅルを見かけることがない。土地によって支配的な植物が異なるのは当然のことなのだけれども,興味深いことだと思う。 …
コメント:0

続きを読むread more

蓮田市黒浜:黒浜貝塚(その2)

過日,黒浜貝塚(埼玉県蓮田市黒浜)を見学した。 蓮田市文化財展示館の室内展示を見学した後,「椿山のムラ」を見学し,次に「宿浦のムラ」を見学し,それから「縄文の海」の方を回って駐車場の方に戻った。「縄文の海」は,発掘調査の結果を踏まえて,貝塚が営まれていた当時の海浜の様子を再現しようとするもののようだ。ただ,周辺が宅地化しており,水流も…
コメント:0

続きを読むread more

蓮田市黒浜:黒浜貝塚(その1)

過日,黒浜貝塚(埼玉県蓮田市黒浜)を見学した。地名が「黒浜」なので,歴史時代に入っても(塩水または汽水の内海または大河川の)岸辺にある土地だったのだろうと推定されるが,国指定の縄文時代の史跡(貝塚遺跡)として広く知られている。これまで何度も発掘調査されており,その調査結果は,下記の蓮田市のWebサイトからダウンロードできる関連パンフレッ…
コメント:0

続きを読むread more

ハマスゲ

先日,取手市内を散策中,普通の道路の歩道隅でハマスゲ(Cyperus rotundus)が開花しているのを見つけた。たまたま,若い花と成熟した花が混在している状態だったので,勉強になる観察ができた。よかったと思う。
コメント:0

続きを読むread more

マメコガネ

2022年7月中旬のことだが,黒浜貝塚(埼玉県蓮田市黒浜)の林の中を散策中,マメコガネ(Popillia japonica)を見つけた。周辺一帯は宅地化が進み,普通の昆虫が生息できるような地域環境ではなくなってしまっているので,最後の楽園のような場所になっているのかもしれない。
コメント:0

続きを読むread more

さいたま市大宮区高鼻町:埼玉県歴史と民俗の博物館

2022年7月中旬のことだが,埼玉県歴史と民俗の博物館(埼玉県さいたま市大宮区高鼻町)を再訪した。今回の訪問の目的は,2022年7月18日まで同博物館で開催されていた「発掘された日本列島2022」の展示を見学するため。 埼玉県歴史と民俗の博物館は,大宮公園の中にある。西側駐車場にクルマ(有料)を停め,弓道場の脇を通って博物館に向かった…
コメント:0

続きを読むread more

さいたま市岩槻区太田:岩槻城址(その2)

過日,岩槻城址(埼玉県さいたま市岩槻区太田)を見学した。江戸時代につくられた構造物の中で表門(黒門)と裏門が残されているというので見学した。また,発掘調査の結果等を踏まえ,土塁の一部が整備・再現されている。土塁が整備・再現されている部分は公園全体の中で大きな割合を占めているとは言えないけれども,この部分を見学する限りでは,かなり堅固な城…
コメント:0

続きを読むread more

さいたま市岩槻区太田:岩槻城址(その1)

過日,岩槻城址(埼玉県さいたま市岩槻区太田)を見学した。岩槻城は,戦国時代の城で,その築城者に関しては諸説あるが,要するに,成田氏とする説と太田氏とする説に分かれる。岩槻城が水を非常に効果的に利用している点を重視すれば同じく水を非常に効果的に利用している忍城を築城した成田氏説に軍配をあげたいところだが,関連史料をどのように読むかという専…
コメント:0

続きを読むread more

リナリア・ブルガリス

先日,信州を散策した際,幹線道路脇や小公園,市街地の路傍等にリナリア・ブルガリス(Linaria vulgaris)が繁茂し,開花しているのを見た。「ホソバウンラン」とも呼ばれている。 リナリア・ブルガリスは,ユーラシア大陸原産の帰化植物。地域によって開花時期が異なるのだろうと推定されるが,信州では8月中旬頃が花の絶頂期のようだ。繁殖…
コメント:0

続きを読むread more

野田市関宿三軒家:千葉県立関宿城博物館

過日,千葉県立関宿城博物館(千葉県野田市関宿三軒家)を訪問し,同博物館の展示物等を見学した。この博物館の建物は,城の天守閣のような形状をしているのだが,関連記録に基づき,かつて存在した関宿城の天守閣の外形を可能な限り正確に再現したものとのこと。無論,建物の内部は現代の建築物であり,最上階は展望台となっている。場所柄というべきかどうか,水…
コメント:0

続きを読むread more

流山市:東深井古墳群再訪(その2)

以前,東深井古墳群(千葉県流山市東深井)を訪問し,その時点で容易に見学可能だった古墳を見学した。しかし,よくわからない古墳が複数残ってしまい,何となくフラストレーションが持続していた。可能な準備を尽くした上で,東深井古墳群の残存古墳のある場所を再訪した。一応全部見学できた。 10号墳 8号墳 9号墳 7号墳 …
コメント:0

続きを読むread more

流山市:東深井古墳群再訪(その1)

以前,東深井古墳群(千葉県流山市東深井)を訪問し,その時点で容易に見学可能だった古墳を見学した。しかし,よくわからない古墳が複数残ってしまい,何となくフラストレーションが持続していた。そこで,まず,財団法人千葉県史料研究財団編『千葉県の歴史 資料編 考古2(弥生・古墳時代)』(平成15年)を購入し,その839~842頁を精読して正確な理…
コメント:0

続きを読むread more

オオブタクサ

先日,信州を散策中,山地の沢沿いや畑地,市街地の水路脇などでオオブタクサ(Ambrosia trifida)が繁茂しており,開花しているのを見た。高さ2~3m前後まで成長しているものが多かった。オオブタクサの葉は,未成熟の葉では普通の木の葉のような形をしているけれども,成熟した葉(特に植物体上部の葉)では3裂または5裂して桑の葉に似た形…
コメント:0

続きを読むread more