ウドの花とカマキリの一種

先日,坂東市内にある寺院を参拝した折,境内を散策していたら,植栽と思われるウドが大きく成長して開花しているのを見た。正確には,受粉後の状態の花を見た。この花を目にするのは久しぶりのことだ。 よく見ると,カマキリの仲間がやってきていた。ムネアカハラビロカマキリ(Hierodula sp.またはHierodula venosa)かもしれな…
コメント:0

続きを読むread more

最近見た航空機

寺社の参拝や遺跡見学等のために旅に出ると,必ずと言ってよいほど頭上を航空機が通り過ぎる。高度が高いと撮影できないのだが,かなり近いところを飛行している場合,試しに撮影してみる。何枚か成功したようだ。
コメント:0

続きを読むread more

本庄市本庄:城山稲荷神社と本庄城跡

過日,城山稲荷神社(埼玉県本庄市本庄)を参拝した。祭神は,宇迦之御魂神。武蔵七党の1つである庄氏の子孫・本庄実忠が椿稲荷神社を勧請して創建された神社とのこと。本庄氏は稲荷神を崇敬していたとのことで,この点は,塙城(茨城県稲敷郡阿見町塙)の城主・土岐氏と似ている。本庄城の正確な縄張りが既に確定しているのかどうかについては知らないが,一般的…
コメント:0

続きを読むread more

樹上の猫

寺社を参拝しつつ野草観察をしながら取手市内を散策中,某所の樹木の上に猫がいるのを見つけた。どこかの飼い猫なのだろうと思うが,何となく『不思議の国のアリス』の世界に迷い込んだような気分。
コメント:0

続きを読むread more

コヒルガオとヒルガオ

先日,散策中,コヒルガオ(Calystegia hederacea)とヒルガオ(Calystegia japonica)を見た。近いとこに生えていたので,相互に比較しながら観察できた。 コヒルガオ コヒルガオ コヒルガオ コヒルガオ ヒルガオ ヒルガオ ヒルガオ   松江の花図鑑:ヒル…
コメント:0

続きを読むread more

ミカドフキバッタ

先日,長野県北部の山地を散策中,田圃の脇を通る路上にミカドフキバッタ(Parapodisma mikado)と思われるバッタがいるのを見つけた。近づいても動かない。どうやら,赤い小さなダニのような小動物に寄生されており,相当に弱ってしまっているようだ。自然界は厳しい。 あくまでも一般論だが,通常の生体は,ウイルス,細菌,菌類,線虫やダ…
コメント:0

続きを読むread more

本庄市中央:開善寺境内古墳

過日,開善寺の本堂の南西側に位置する墓地区画内にある開善寺境内古墳(埼玉県本庄市中央)を見学した。 開善寺境内古墳は,小笠原信嶺公廟所古墳とも呼ばれ,直径14m・高さ約2mの円墳とされている。北原古墳群に含めて理解する考え方がある。開善寺境内古墳(小笠原信嶺公廟所古墳)については,本庄市史編集室編『本庄市史(通史編Ⅰ)』(昭和61年)…
コメント:0

続きを読むread more

本庄市中央:開善寺

過日,臨済宗妙心寺派・畳秀山開善寺(埼玉県本庄市中央)を参拝した。本尊は,聖観音菩薩。開善寺は,天正19年(1591年)に小笠原信嶺の開基により創設された寺院。開善寺には,当時からの絵画作品を含め,複数の非常に貴重な文化財がある。本堂西側の墓地区画内には小笠原信之の墓所がある。また,開善寺は,明治6年に本庄で最初に小学校が開校された場所…
コメント:0

続きを読むread more

本庄市中央:愛宕神社と古墳

過日,愛宕神社(埼玉県本庄市中央)を参拝した。祭神は,愛宕大神・天手長男大神・子安稲荷大神。天正19年(1591年)に小笠原信嶺によって勧請され,創建された神社とのこと。 愛宕神社は古墳の上に鎮座している。この古墳は,愛宕神社古墳または(北原古墳群に含めて理解する場合)北原愛宕山古墳と呼ばれ,直径約24m・高さ約4mの円墳とされている…
コメント:0

続きを読むread more