熊谷市西別府:幡羅官衙遺跡群の関連遺跡

過日,幡羅官衙遺跡群の正倉院跡及び事務官衙域の所在地付近を見学した後,それらの所在地の東の区域(埼玉県熊谷市西別府)にある関連遺跡所在地等を見学した。この区域には西別府廃寺の遺跡もあるとされているが,その中枢部分の現況は,「特別養護老人ホーム 永寿苑」の敷地となっている。古代の国営寺院の機能として,積極的な仏教普及のための施設という面だ…
コメント:0

続きを読むread more

深谷市東方:幡羅官衙遺跡

過日,西別府祭祀遺跡を見学した後,幡羅官衙遺跡を見学した。幡羅官衙遺跡に関しては,知久裕昭『武蔵国幡羅郡』(まつやま書房,2018年1月30日)という書籍が出ている。 幡羅官衙遺跡の範囲はとても広いのだが,地表部は普通の畑地であり,官衙建物等が復元されているわけではないので,予め関連知識を頭の中に入れ,どの場所がどの遺跡部分に該当する…
コメント:0

続きを読むread more

熊谷市西別府:湯殿神社と西別府祭祀遺跡

過日,湯殿神社(埼玉県熊谷市西別府)を参拝し,同社の境内地にある西別府祭祀遺跡を見学した。湯殿神社の祭神は,大山祇命。湯殿神社の由緒等の詳細は不詳。元は天台宗・湯殿山不動院と号する寺院と合一した湯殿山権現社だったようだ。そのことから,湯殿神社として分離されたのは,明治維新頃のことと想像される。多数の境内社が合祀されているが,その合祀も同…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県東茨城郡大洗町磯浜町:大洗町幕末と明治の博物館「オオアライコフンエキスポ」

先日,大洗町幕末と明治の博物館(茨城県東茨城郡大洗町磯浜町)で8月30日まで開催中の「オオアライコフンエキスポ '22(OARAI KOFUN EXPO’22)」を見学した。展示内容は,下記の大洗町のサイトで掲示されている。その掲示内容となっている埴輪の点数(個数)は,埴輪断片を1個ずつカウントしたものなので,とても小さな破片でも1個と…
コメント:0

続きを読むread more

千葉市若葉区桜木:加曽利貝塚

過日,加曽利貝塚(千葉県千葉市若葉区桜木)を見学した。加曽利貝塚は,とても大規模な貝塚遺跡であり,縄文時代の集落跡等の遺跡が発掘されている。出土した土器や石器等は豊富であり,とても貴重なものが多い。出土品は,加曽利貝塚博物館で保管・展示されている。極めて優れた展示内容であり,とても勉強になった。この加曽利貝塚博物館は,これまでは貝塚遺跡…
コメント:0

続きを読むread more

千葉市中央区亥鼻:猪鼻城跡

過日,猪鼻城跡(千葉市中央区亥鼻)を見学した。城跡として認識可能な土地の総面積は結構広い。しかし,千葉県文化会館等の公共施設や寺院境内地になっている場所が多く,遺跡だと実感できる区画はあまり広くない。現地説明板では,Ⅰ郭(主郭)及びⅢ郭として表示されている区画が見学可能となっている。地名が「亥鼻」なので「亥鼻城」と書くのが正しいのではな…
コメント:0

続きを読むread more

太田市金山町:太田市金山地域交流センター企画展「天神山古墳を探る」

埼群古墳館別館で,太田市金山地域交流センター(群馬県太田市金山町)の企画展「天神山古墳を探る」の記事が公表されていたので,早速,出かけてみた。この施設を訪問するのは初めて。あまり大きくない施設だけれども,展示内容の内容的な密度は高いと思う。今回の企画展「天神山古墳を探る」の展示内容もとても勉強になった。外堀推定地を国または市が全部買収し…
コメント:0

続きを読むread more

成田市高岡:成田市下総歴史民俗資料館

過日,成田市下総歴史民俗資料館(千葉県成田市高岡)を訪問し,その展示物等を見学した。成田市下総歴史民俗資料館は,下総運動公園内にあり,駐車場から成田市下総歴史民俗資料館の建物までの間には下総公民館がある。 成田市下総歴史民俗資料館の所在地は,高岡塙遺跡と呼ばれる縄文時代,古墳時代,奈良・平安時代,中世の複合遺跡の包蔵地の中に位置してい…
コメント:0

続きを読むread more

千葉県香取郡神崎町本宿:神崎神社とその周辺(その2)

過日,神崎神社(千葉県香取郡神崎町本宿)を参拝した。 神崎神社の境内には,徳川光圀ゆかりの非常に有名な楠の木(Cinnamomum camphora)がある。異説はあるが,江戸時代において既に,様々な媒体を介して,様々な異なる種の樹木に関して「ナンジャモンジャ」の名称の由来に関する情報が流布される嚆矢となったのは,この神崎神社の境内に…
コメント:0

続きを読むread more

千葉県香取郡神崎町本宿:神崎神社とその周辺(その1)

過日,神崎神社(千葉県香取郡神崎町本宿)を参拝した。祭神は,天鳥船命・少彦名命・大己貴命。面足命・惶根命を配祀している。『三代實録』の「陽成天皇」の代の授位の事跡にある東海道下總國・子松神(小松神)に比定されている。元は,常陸國と下總國の境にある「大浦沼二つ塚」というところに鎮座していたが,白鳳2年に現在の鎮座地に遷座したとのこと。「大…
コメント:0

続きを読むread more