長岡市西津町:藤橋遺跡と藤橋歴史館

過日,藤橋遺跡(新潟県長岡市西津町)を見学し,同遺跡の敷地内にある高床式建物の柱穴の原物展示や復元建物を見学した。藤崎遺跡は,縄文時代晩期の集落跡なのだが,この時代に大型の高床式建物が存在していたこと(=そのような建物の概念が存在していたこと+その概念を具現化するための具体的な建築技術が存在していたこと)を証明する遺跡として,極めて高い…
コメント:0

続きを読むread more

長岡市関原町:馬高・三十稲場遺跡と馬高縄文館

過日,馬高・三十稲場遺跡(新潟県長岡市関原町),同遺跡の出土物等を保存・管理している馬高縄文館(同遺跡敷地内)の展示物(主として縄文土器)を見学した。馬高は,縄文中期の大規模遺跡(新潟県内最大級)であり,火炎土器等が出土している。三十稲場遺跡は,縄文晩期前葉の集落遺跡で,非常に特徴的な土器類等が出土している。敷地内には復元住居も展示され…
コメント:0

続きを読むread more

長岡市西陵町:大萱場古墳

過日,大萱場古墳(新潟県長岡市西陵町)を見学した。大萱場古墳は,直径約15m・高さ約2.5mの円墳とされている。埋葬施設は,横穴式木芯礫室と呼ばれる特殊なもので,遺体を火葬にした痕跡があるとのこと。そのことから,この古墳の被葬者は渡来人だと考えられているようだ。発掘結果の詳細は,長岡市教育委員会編『大萱場古墳』(昭和60年3月)の中にま…
コメント:0

続きを読むread more

長岡市寺泊:大久保古墳群(その3)

過日,大久保古墳群(新潟県長岡市寺泊)を見学した。大久保古墳群は,2基の前方後方墳と3基の方墳で構成され,家紋の三ツ矢紋のようなちょっと変わったレイアウトの古墳群とされている。 大久保古墳群は,史跡公園として整備されており,古墳群所在地の南約350m(古墳群登山口からは約250m)のところを東西に走る道路に車両の退避場所のような駐車ス…
コメント:0

続きを読むread more

長岡市寺泊:大久保古墳群(その2)

過日,大久保古墳群(新潟県長岡市寺泊)を見学した。大久保古墳群は,2基の前方後方墳と3基の方墳で構成され,家紋の三ツ矢紋のようなちょっと変わったレイアウトの古墳群とされている。 大久保古墳群は,史跡公園として整備されており,古墳群所在地の南約350m(古墳群登山口からは約250m)のところを東西に走る道路に車両の退避場所のような駐車ス…
コメント:0

続きを読むread more