水戸市三野輪町:三野輪古墳群

2021年のことだが,三野輪古墳群の所在地(茨城県水戸市三野輪町)を見学した。三野輪古墳群は,2基の円墳で構成されている。1号墳は一戦塚古墳の北東約100mの台地北端付近にあり,直径約20mの円墳とされている。ただし,現況は,ドーナツ様になって墳丘の一部が残存しているような状態。2号墳は,1号墳の所在地の南東すぐ近くが所在地となっている…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市有賀町:有賀台古墳群(続)

2021年のことだが,有賀台古墳群の所在地(茨城県水戸市有賀町)を散策した。 内原町史編さん委員会編『内原町史料第2集 内原町の遺跡-内原町遺跡分布調査報告書-』(1994年)の中には有賀台古墳群の配置図と詳細情報が含まれている。ただし,配置図の中に付番が記載されていないので,詳細情報を丁寧に読み,あてはめなければならない。しかし,その…
コメント:0

続きを読むread more

妙高市宮内:観音平古墳群(その3)

過日,観音平古墳群(新潟県妙高市宮内)を見学した。観音平古墳群の南側部分の尾根上には1号墳~19号墳などの古墳が並んでいる。考古学・歴史学の上では極めて貴重な古墳の1つで,考えれば考えるほど興味が尽きなくなる。24号墳~29号墳などのある古墳群の北東側部分を見学しながら遊歩道を登り,4号墳の北東側付近から北側尾根上にとりつき,1号墳所在…
コメント:0

続きを読むread more

妙高市宮内:観音平古墳群(その2)

過日,観音平古墳群(新潟県妙高市宮内)を見学した。観音平古墳群の南側部分の尾根上には1号墳~19号墳などの古墳が並んでいる。考古学・歴史学の上では極めて貴重な古墳の1つで,考えれば考えるほど興味が尽きなくなる。24号墳~29号墳などのある古墳群の北東側部分を見学しながら遊歩道を登り,4号墳の北東側付近から北側尾根上にとりつき,1号墳所在…
コメント:0

続きを読むread more

妙高市宮内:観音平古墳群(その1)

過日,観音平古墳群(新潟県妙高市宮内)を見学した。古墳群入口付近に狭い駐車スペースがあるのだが,私が訪問した時にはカタクリの花見物客と思われる自動車がいっぱいの状態だったので,いったん諦めかけた。別の場所に移動して他に駐車可能な場所はないかと探したけれども見つからなかったので,今回の見学を断念して他所に移動しようと思って移動中,再度遺跡…
コメント:0

続きを読むread more

妙高市宮内:斐太遺跡

過日,斐太遺跡(新潟県妙高市宮内)の中の「矢代山B地区」と呼ばれる遺跡を見学した。矢代山B地区は,弥生時代の非常に大規模な集落遺跡の1つなのだが,山の尾根上に存在し,二重環濠をもつことから,「倭国大乱」の時代の遺跡だと考える見解が多い。よく見ると住居跡の窪みや環濠跡などを識別することは可能なのだが,復元展示されているわけではないので,あ…
コメント:0

続きを読むread more